明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

たこ焼きキャンプ2018〈5〉 須磨から姫路へ~藤ノ木山で新たな体験


【須磨をあとに、姫路へ。】


今回、宿舎の関係で須磨期間を長くとり、姫路は最後の3泊だけ。
初めて姫路市の施設「藤ノ木山野外活動センター」を利用させていただきました。

一週間以上をすごした須磨とも今日でお別れ。
移動の日の朝のミーティング。みんな荷造りもすんで準備はOK!

d0238083_13304636.jpg

と思ったら、まだあそび足りてない子たち!
さあさあ出発しますよ~

d0238083_13324796.jpg

須磨の宿舎にも別れをつげて。
地元のボランティアのみなさん、お世話になりました!

d0238083_13344977.jpg

移動はマイクロバスで。
さあみんな、乗り込んだら運転手さんにあいさつしてね!
「はーい。よろしくお願いしま… ん? あれ?」

d0238083_13552234.jpg

「ははは、よろしくお願いしまーす!」
サプライズ!
運転手は、この数年キャンプ期間に来られなくなっていた子ども担当スタッフ、よっしー!
この日だけ来られるようになったため、みんなを驚かせようと、秘密で計画していたのです。

d0238083_13561585.jpg

「よっしー? よっしーだ…!」
よっしー大好きだったリピーターの子たちは茫然、騒然。

d0238083_14032181.jpg

「みなさま、お静まりください。
お待たせいたしました、たこ焼き観光バスにようこそ♡
バスはこれより須磨を発ち…」
こんなうれしそうなバスガイドさん、見たことありません。
マスターこのあと、歌までうたってくれましたよ♪

d0238083_14043225.jpg

よっしー運転のバスは順調に走行、姫路に到着しました!
さっそくおみやげを選ぶ子どもたち。
家族に、おじいちゃんおばあちゃんに、友だちに… 
迷うのも楽しい!

d0238083_14185327.jpg

ここで、福島から初参加してくれた高校生ボランティアさんとお別れです。
ちかちゃん、ほんとにお世話になりました! 気をつけて帰ってね!

d0238083_14194068.jpg

姫路市立動物園。
いろんな動物を見ました。さすがに暑すぎて寝てる動物が多かったけどね…

d0238083_14341931.jpg

国宝&世界遺産・姫路城~!
これからてっぺんまで、のぼる気まんまんの子どもたち。
それにしても… 暑い…!

d0238083_14273663.jpg

見学や観光を終え、ふたたびマイクロバスに乗車。
いよいよ、宿舎となる藤ノ木山野外活動センターに着きました。

d0238083_14405780.jpg

すでに先着のスタッフやボランティアさんがお出迎え。
お世話になります~

d0238083_15372006.jpg

所長さんなど職員の方から、宿舎の説明を受けました。

d0238083_14491260.jpg

一日運転手さん・よっしーとはお別れ。
さびしいけど…ひさびさに会えてうれしかったね!

d0238083_16053117.jpg

野外活動センターの食堂で、最初の夕食。
みーこさんの「いただきます」のマネしてる~

d0238083_16093205.jpg


【藤ノ木山の緑につつまれて。】


木々にかこまれた宿舎のまわりは、ひぐらしをはじめ、さまざまなセミの声が響いていました。
さっそく、虫取り網をもって駆け出す子どもたち。

d0238083_16191883.jpg

山のセミはなかなかつかまらず…
でも、バッタやカマキリ、ナナフシなどいろんな虫をゲット。
観察、観察…

d0238083_16200378.jpg

「あ!」
宿舎の外廊下でも、しょっちゅうクワガタに出会います。

d0238083_16204178.jpg

さてさて今日は、野外調理!
さあ、とりかかるぞ~

…って、何してるの?
「火おこし~!」
石をこすりあわせて、必死でがんばっております!

d0238083_16263838.jpg

大きな羽釜で、ごはんを炊きます。
ボランティアさんから提供していただいたお米をはかって…

d0238083_16412907.jpg

水は、このへんまで入れるんだよ。

d0238083_16373005.jpg

木を割って、薪作り。
経験者だけあって、なかなかポーズが決まってます!

d0238083_16291918.jpg

薪の準備はできた!
そしてみごと!火が!
(マッチで(-_-;)

d0238083_16310590.jpg


バーベキューもしましたよ。
食材を切るのも、みんなで。

d0238083_16431616.jpg

野菜をじっくりと焼きましょう。

d0238083_16445665.jpg

そしてお肉がやっぱりうまいのだ!

d0238083_16452493.jpg

ほほーい。
たのしい。

d0238083_16454111.jpg

おとなもあとから、いただきま~す。

d0238083_16522352.jpg

この日は、朝日新聞の記者さんが取材に来られました。
第1回からずっと参加している子にインタビューしています。

d0238083_18024667.jpg

薪で何度かごはんを炊きましたが、いつも大人気。
コツを子どもたちに伝授してくれた、アウトドア得意なエイジくん。

d0238083_16582466.jpg

ちょうどいい木を見つけて、
木のぼりだって、するするっと。
「おー、いいながめ!」

d0238083_17010135.jpg

こちらはいったい、何をしてるんです?

「アイスクリーム、作ってるの!!!」
牛乳とお砂糖と氷。
ぐるんぐるん回しつづけると、遠心力でアイスクリームができちゃうんですって!
なかなかむずかしかったけど、うまくいったのはおいしかったね~

d0238083_17070833.jpg

で、そこの人、そろそろおりてくださーい。
「やだ~、ずっとこうしてる~」
大好きと、かわいいのコラボ。

d0238083_17094782.jpg


【そうめんと、無人島。】

藤ノ木山に来たその日から、ここでも生活スタッフと姫路のボランティアさんが、一日二回の洗濯を担当。
今年は「淳心の家」には宿泊できませんでしたが、仁豊野教会はじめ、たくさんのボランティアさんがここまで来てくださいました。暑い中、ほんとうに感謝です!

d0238083_17215833.jpg

宿舎の部屋は、二段ベッド。
それぞれの部屋をたずねたり、須磨とはまたちがう交流がありましたね。

d0238083_17273903.jpg

広い体育室でも、たくさんあそびました!

d0238083_17290638.jpg

野外炊事じゃないときは、宿舎の食堂でごはん。
自由にすわって、たのしく食べます。

d0238083_17302727.jpg

そして、淳心の家に着いたときの毎年のお楽しみだった、姫路おでん。
今年もたこキャンの子どもたちに食べてもらいたい!と、仁豊野教会の方たちがたくさん作って持ってきてくださいました!
デザートまで手作りしてくださり…感激です。
子どもたち、おいしくおいしくいただきました!

d0238083_18071424.jpg


みんな大好き、流しそうめん!
淳心の家の庭で毎年ボランティアさんがやってくださっていましたが、
今年も藤ノ木山まで道具を持ってきてくださいました!
ほんとうにありがとうございます。

d0238083_17353692.jpg

やっぱりたのしい~

d0238083_17360624.jpg

どれだけたくさんつかめるか!?

d0238083_17364011.jpg

おしゃべりも、はずみます♪

d0238083_17371017.jpg

さて、中だこ会議(子ども実行委員会)から「やりたいこと」としてリクエストのあった《無人島体験》。
さすがに島には行けないので、無人島気分を体験する、ということになりました。
電気もガスも水道もなかったら、どうやってごはんを食べる?
これは災害時に備えての練習にもなります。

みーこさんのレクチャー。
薪でお湯をわかし、そこにビニール袋に入れたお米と水を投入して、ごはんを炊く。
それでほんとにうまく炊けるのかな~?
みんな注目、注目。

d0238083_17463657.jpg

そしておかずは、缶詰だけ~♪
この日のために、みんな思い思いの缶詰を持ってきてもらったんです。

d0238083_17473693.jpg

持参の懐中電灯も持ち寄って、夕闇につつまれた戸外で、無人島的夕食。
ごはんもそれぞれ、ちゃんと炊けたようです!
缶詰おかずも、意外にイケる?!

d0238083_17513641.jpg

しかし全景で見るとこれ、ちょっとあやしい宗教儀式みたいですよ…?
いや、あやしくないですから…たこキャンですから…

d0238083_17521967.jpg

あやしい人出た!
いや、ただのマスターでした…
このあと、きもだめしもおこなわれたのです。
みんな、「あんまりこわくなかった~」と言いつつ、キャーキャー言ってたね!

d0238083_17523111.jpg

こんなふうに、藤ノ木山での3泊はあっという間に過ぎていきました。

お届けしてきた、たこ焼きキャンプ2018のレポートも、次回で最終回!
毎回、福島で子どもたちや親御さんも楽しみにブログを見てくださっているようです。
写真を見て、いろんなことを思い出して、おうちでたくさんおしゃべりができるといいな~と思っています。
そして、キャンプの現場を知らない方にも、少しでもたこキャンの雰囲気が伝わればと願っています。

それでは次回、今年のたこキャンをどうぞ最後まで見届けてください!

[PR]
by takocamp | 2018-08-22 18:18 | たこ焼きキャンプ2018 | Comments(0)