明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

たこキャン2018 須磨ボランティアミーティング

7月7日に予定していた須磨ボランティアミーティングですが、大雨の影響で延期させていただき、15日におこないました。急な変更にもかかわらず、たくさんの参加がありました。

d0238083_23163104.jpg
今年初めてボランティアに参加する方もかなりおられるため、たこ焼きキャンプについて概略を説明し、去年のキャンプの様子、また先月福島でおこなった参加者ミーティングの様子を写真で見ていただきました。

d0238083_23163762.jpg
昨年、子ども担当として参加してくれた学生さんに感想を話していただきました。
子どもたちとの交流が、自分にとってもとても楽しい体験になったとのことです。

d0238083_23164001.jpg
先日の大阪での地震や、今回の西日本の大雨災害を受けて、それぞれの宿舎からの避難場所や災害時の心構えなどについてもレクチャーをおこないました。

d0238083_23164767.jpg
その後はそれぞれの担当に分かれてくわしい打ち合わせ。
こちらは食事担当のボランティアさん。

d0238083_23165016.jpg
こちらは、キャンプ期間中に須磨寺の境内でおこなう夏まつりの、ステージ出演者の方との打ち合わせです。どんな音楽をかなでてくださるのか、とても楽しみです!

d0238083_23165316.jpg
そして学生さんを中心とした、子ども担当ボランティアとの打ち合わせ。
それぞれのボランティアさんと、こまかいところまで予定を詰めていきました。
今年は子どもたちとどんな出会いがあるのでしょう。一緒に楽しくあそぶとともに、被災地についても、より関心を持っていただければうれしいです。

d0238083_23165509.jpg
予定時間をかなりオーバーしてボランティアミーティングは終了。
ひさびさに再会するボランティアさんもいて、スタッフにとっても充実した時間でした。
大変な暑さの中を参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

その後、スタッフだけでキャンプ期間中についての防災ミーティングをあらためておこないました。

d0238083_23165802.jpg
須磨期間については、海から上がれば急勾配の土地柄でもあり、宿舎への水の被害はまずないこと。ただし海水浴や釣りのときに災害があればただちに宿舎へ向かい避難する必要があることなどを確認しました。
姫路期間については、宿舎のある場所の地盤は比較的堅牢であること、鉄筋の建物で安心ではあるが、必要があれば避難する予定の近隣の小学校への経路なども確認しておきました。
いずれにしても、大きな災害の場合は保護者が迎えに来られる状況になるまで、一定期間子どもたちをこちらで預かることになります。
今回の地震と大雨は、私たちもあらためて災害時の対応について具体的に考え、準備するきっかけとなりました。

さて、姫路と須磨の2か所でのボランティアミーティングも終了し、あとはキャンプ開始に向けて物品の準備やさまざまな手配をおこなっていきます。
キャンプまであと2週間! 今年もご支援よろしくお願いします!
すでに、新リーフレットと通信の届いた方たちから、次々と募金やメッセージが届いています。ほんとうにありがとうございます。

次回は、このほど完成した新しいリーフレットについてお伝えします。



[PR]
by takocamp | 2018-07-16 23:55 | たこ焼きキャンプ2018 | Comments(0)