明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

今年最後のミーティング&プチ忘年会!

                              明石であそぼう!たこ焼きキャンプHPはこちら


昨日、「作業所ほのぼの」さんにて、今年最後のスタッフミーティングがおこなわれました。
今回は、明石で長く脱原発の活動をされてきた「たこの会」(名前に親近感!)の方たちも初めて参加してくださいました。
d0238083_23495187.jpg


まず、福島での「たこキャン同窓会」に参加したスタッフが、現地で子どもたちや親御さんたちと過した時間について報告しました。
子どもたちが変わらず元気な様子でほっとしたこと。また一緒に遊べて、スタッフも本当にうれしかったこと。でも、会話の中で子どもからぽつりと出てきたひと言に、放射線の心配をすることが日常になっているのを実感したことなど。
行ってみて、福島のかかえる問題とこれからもっと深くかかわっていきたいと思うようになった、という声も聞かれました。
親御さんたちにすごく喜んでもらい、たくさんのお話が聴けてよかった。ただしもっと時間をうまく使って、小さい子どものいるお母さんたちと話をするチャンスを設けたほうがよかったという意見も出ました。
そして、実際に行ってみて、本当に被曝のことを日々考えるのが当たり前になっている現実、その中でそれぞれどこか眼をそらして、気にしないようにしていないと暮らしていけないことを実感したという話など。ともかくみんな、実際に福島に行って、そこで子どもたち親御さんたちと会ったのは、やはり大きな経験だったようです。
今回の同窓会は、今後たこ焼きキャンプを続けていくためにも重要なポイントになりそうです。

d0238083_23573293.jpg
                                 <アクアマリンふくしまにて 2011.12.18>

次に、団体としての名称について。
この前のミーティング以来、スタッフのメーリングリストでもやり取りされてきた議題ですが、議論は二転三転し、結局当初のままの「福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト」に据え置くことになりました。
団体名に「たこ焼きキャンプ」を入れてしまうと、キャンプ名との混同が起きてややこしくなること、今後の活動に別の幅が出てくるとしても、原点は「福島の子どもを明石に呼んでのびのびあそんでもらおう」というところにあることなどから、そういう結論になりました。
まだ、来年夏のキャンプを明石でやるか、近隣の別の場所でやるかはっきりしていないこともあり、2012年のキャンプは「明石であそぼう!」になるかどうかはわかりません。明石とのつながりは大切にしたい。でも、子どもたちやお母さんたちと一緒に食事を作ったりできる宿泊施設がなかなかない。どこかいい場所はないのか?ということで、明石の内外ともにいくつかの候補が出され、検討することになりました。
d0238083_2352594.jpg


次に、団体としての形づくりについて。
今年は短期間に勢いと力を持ち寄った「たこ焼きキャンプ」だったけれど、これからの息長い活動を考えると、何かを決めるときに全員参加で討議して決めるこれまでのやり方では話が進まず停滞するのでは…という意見が出されました。
そこからいろいろな意見を話し合った結果、来夏のキャンプのための運営委員(という名称はたこキャンらしくない!ということでオリジナル名称を考案中)を自主参加で数名決め、定期のミーティングの前にそのメンバーでプレミーティングをやり、討議のたたき台を作る。細かいことについてはプレミーティングで決定することもあるが、基本的にはミーティングにたたき台を持っていってそこで決定する、という方式でやっていくことになりました。

さて、後半はプチ忘年会です。
3月11日以来、何か自分にできることを、という思いを持っていたメンバーが、不思議な力(火事場のナントカ?)で結集してこの夏のキャンプが実現しました。福島での同窓会まで実現しました。
今も、これからも、現実は決して楽ではありません。だから、参加してくれた親子さんたちとのつながりとともに、たこキャンに集った人たちのつながりを大事にしていきたいと思います。

2011年にいろいろな思いをこめて、乾杯!
d0238083_022250.jpg
d0238083_024442.jpg


宴が進んで…
ついにすーさんが秘技を披露!
コサックダンス! ニーロさんも参加!
d0238083_032325.jpg


…と、こんな感じで熱く(?)にぎやかに、たこキャン今年最後の夜は更けていったのでした。

今年一年、こころよくミーティングの場を提供してくださった「作業所ほのぼの」さん、数々のわがままを聞いていただき、深夜まで場所も機材も使わせていただき、本当にありがとうございました!
[PR]
by takocamp | 2011-12-29 00:10 | Comments(0)