人気ブログランキング | 話題のタグを見る

明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp

たこ焼きキャンプで食事づくりを担う、石井さえ子さん。

2011年の初回キャンプはボランティアとして参加し、2012年からは子ども担当スタッフとして活動。そのかたわら期間中の調理にもかかわり、2022年のリスタートからはキャンプ期間のすべての食事を担当しています。

今夏のたこキャンの様子をブログで見た方から、「食事がすごくおいしそう、食べてみたい!」「作っているのはどんな人?」という声を、たくさんいただきました。

そこで、今回はその石井さえ子さんにインタビュー!

たっぷり前後編でお届けします。

                             【インタビュー・編集 一海真紀】



―自己紹介をかねて、ふだんのお仕事について教えてください。

基本には衣食住に関わることをしたいというのがあって、心地よく生きていくために仕事を選んでいる感じです。

今は店舗は持っていませんが、暮らしを考えることが料理の目線でどう楽しくなるか、ということにポイントを当てて、料理の仕事をしています。


―たこ焼きキャンプとのなれそめは?

東日本大震災が起こって、衝撃が走って…。当時は大学を卒業して3年目で、今とは違う仕事をしていました。

もともと私は子どものころから、将来の夢とか何を仕事にしたいかと聞かれても、それよりも「こんな大人になりたい」という「大人像」…どっしりした、かっこいい大人、自分の正義をブレさせない、スーパーヒーローみたいなイメージがあって、じゃあそういう大人になるためには何の仕事をする?という選択の仕方を考えてたんですよ。


たこキャンスタッフ・石井さえ子さんインタビュー(前編)_d0238083_11073801.jpg
2013年のたこ焼きキャンプ、明石公園のあさぎり寮にて。



―おもしろい。あまりそういう人っていない気がします。

そうですね。学生時代に就活が始まったときも、私は切り替えに弱いのか、気がついたらみんなさっさと就活に行ってるみたいな(笑)。そのときにすごく違和感を感じて。そんな感覚で自分が就活に入っていくのがちょっと嫌やったんです。学校の先生になりたくて教員免許は取ってたんですけど、学ぶ過程でほんまにこれがしたいんかな?とも思ってしまって。


 ―高校の、家庭科の先生ですよね。

そうです。ただ、そのあと教育実習に行ってみて、「あ、やりたいことはここやな」と思って。でもそこでそのまま教員採用試験を受けるというところには行かなくて、実習は本気でやるけどその年の採用試験は受けないと決めて、教育実習の短期間でどれだけ子どもらと関われるか、自分ができるマックスをやろうと思って、勉強もしてコミュニケーションも取って、寝ないくらいでやってました。

そのとき、人と関わる仕事ってそういうことなんちゃうかなってすごく思って。自分のできるだけのことを私はしたい。それは自分が創意工夫して努力していたらできると、すごいやり切った感で実習を終えました。


 ―そのあとの大学卒業後、次の教員試験を受けるまでの一年はどう過ごしてたんですか?

母校の高校で、非常勤講師で家庭科を教えることになったんです。非常勤でけっこう時間があるので、これまでやってなかったことを何かしたいな、《衣食住》というのは自分の中にずっとあったので、それに関わることで何か探そうと思ってたときに、スカウトにあったんですよ。


 ―おお、そのタイミングで。

そうなんです。ただ私はこれまで学校決めるときも勘というか、「ここ来年も(自分が)おるな」ってピンとくるものがあって決めて、実際によかったという経験を積んでたので、スカウトされたモデル事務所以外も受けてみて、ここいいな、というところを選んで入った、ていう感じです。

(モデル業を)やりはじめたらおもしろくて、没頭してやってたんですけど、私の体質と勧められる体調管理やダイエットが合ってなかった。食べたものもマネージャーに全部報告して、どう変えていったらいいかとか…仕事はもらえて順調でやりがいはあって、アスリートみたいな世界で、どうやったらできるようになるかを追求するのはおもしろかったんですよね。ただ、気づかないうちにどんどん疲れというか、身体に不調が出始めて。そのころにちょうど(東日本の)震災の時期が重なるようなところもあって。


 ―そういう時期に震災と原発事故が起きたことは、さえ子さんの中で、とても大きなことでしたか。

モデルの仕事も、自分のなりたい大人像に近づくために役に立つと思ってやってて、肝が据わるというか、いい経験になったと思うんです。その反面、これってどこまで続けるんやろ?ていうのも出てきてはいて…。

《衣食住》の衣、服のこと布のことなどいろいろ学べて、表現することのおもしろさもあって、終着点は見えないけど、このまま続けて東京に進出しようと決めたんです。やりたいことをできるときにやっておこうという気持ちもあって。東京に行く準備も全部できて、いざ!ていう春に、震災が起きたんです。


 ―どう感じましたか。

私、命をかけてこの仕事したいんかな、と思ったんです。なんであろうと絶対にやるっていう意思がそこにはなくて、楽しさとか挑戦、やりがいはあったんですけど、でも命をかけてやっているのかと問われると、違うなと思って。

で、いったん止めようと思ったんです。「気づいてしまった」みたいなところもあって。それで、もしほんとにやりたいことなら、また熱が戻ってくるやろうと思って。震災で一気に芸能系の仕事がなくなって、自分もやめることにして、ほんとにそのとき、全部を手放すということをしました。


たこキャンスタッフ・石井さえ子さんインタビュー(前編)_d0238083_11175507.jpg
2013年、キャンプ中に子どもたちと。



 ―そこからアメリカに行くんですね。

やりたいと思ってたことの中に海外に行くというのも入ってたので、ロスアンゼルスに住んでた友だちのところを拠点に、英語や(前からやっていた)ダンスを習ったり、自分でプログラムした留学みたいな感じでした。

で、行ってみると(自分の)興味は全部そこに集まっていたという…。食のこと、健康とか美容のこと、自然食のお店も多くてすごく進んでて、情報もいっぱいあったんです。


 ―2011年の震災と原発事故があって、モデルの仕事をやめて、いったん全部手放したからこそロスアンゼルスに行って、そこでいろんなことがつながったという感じですね。

私、あんまり執着というものがなくて、気持ちとか縁があれば、同じところではなくてもまた戻ってくるやろと思ってるんですね。その世界に必要がなかったら戻らないでしょう、そのどちらもあるやろうな、ぐらいに思って離れたんです。

で、ロスに行ってみたら「私、ほんまに好きなんはこういうことやな」と思ったんですよ。自分をきれいに見せるというのも、(モデルのときは)作ってるというか整えて、仕事やからきれいにしとく、そのためにトレーニングする。仕事に持ちもの持っていくくらいの感覚でいたんですよ。


 ―《きれい》が、ある意味仕事道具みたいな。

そうですね、仕事道具というか、相棒みたいな感じで。ふつうに生きてたらこんなことしないんちゃうかな、ということをして、髪も同じイメージ付けのために伸びたら切る、とかしてたのを、ああもうしなくていいんや、これからどうしていこうかなって思って。

私の場合、別に縛られてストレスがすごくあったわけではないんですけど、(ロスに行ってみて)自分のほんとに好きな、別の表現がある気がして。

ダンスも、筋肉がつきすぎるからと制限されてたのを、ロスでは思い切りできてすごく楽しかったんですね。料理のことも、自分の興味のあることをどんどん見ていったら、人をケアすることにつながる、食べることが治癒になる。

私、合理的なのが好きなのかもしれないですね。ただただ食べるんじゃなくて、その結果どうなるか、何がどうつながっていくかに当時すごく興味・関心があったんです。意味があってそれを食べる、ということ、食べること自体がうれしくなるような食事である、ということ、その二つが私の中でそろったな、ていう感じで、こういうことを仕事にできたらおもしろいな、と思ったんです。

人に伝えたり教えたりするのも好きやったんで、今やってるような仕事をやりたいと思い始めたのが、そのときでした。


 ―聞いていると、ほんとに一気にいろんなことが続けて起きて、すごい変化があったんですね。で、そこからたこ焼きキャンプにつながってくる…。

ロスで、(これからやりたい仕事を)決めた、これや、というのがあって、日本に帰ったのが7月やったんです。何か(思うような仕事)をすぐ始める、と思ったときに、その前に、ちょっと待てよと。

私、この震災ですっごい変わった。生き方を考えたのは、(震災時に)テレビで映像を見てザワザワした何ともいえない感覚になって、今日という暮らしが明日こうなる、ていうのは自分が直接被害にあってないからこそそう思える。ぼうっと生きてんな、こういう生き方でいいんかなと思って、そこから動き出した。(変化を経て)こういう仕事がほんとにやりたい、と思えたことのきっかけは、そこにある。

…私、何かでけへんかなと思ったんですよ、震災にかかわる何か。原発事故も大きかったです、私の中では。生まれた日がチェルノブイリの原発事故が起きた日なので、それもあって。でも、大変な状況の中で自分にできること、前向きにできることは何やろう、というとこから、ボランティア活動をしたいと思ったんです。

現地に行くのはむずかしかったので、いろいろ検索してたら、《保養キャンプ》というのが出てきて。「ああ、受けいれる側というのがあるのか」と思って、そのときはボランティア募集してる保養キャンプは千葉しか見つけられなかったんですよ。そこに行くつもりにしてたんですけど、そのあと(検索してたら)ポンってたこ焼きキャンプが出てきて。関西でもあるんや、明石やったら日帰りで行けるなと。

で、怪しくない者であることを伝えないといかんなと思って(笑)くわしく自分を説明するメールを送ったら、すぐに「オッケーです!」みたいなザックリした返信が来たので、逆に大丈夫かなと(笑)。こんなんやったら変な人も来てへんかなって心配になって。


たこキャンスタッフ・石井さえ子さんインタビュー(前編)_d0238083_20352378.jpg

2013年。子どもたちに大人気のスタッフに



 ―心配されてた(笑)! 震災の年は、ものすごい数のボランティアの応募があって、こちらも保養キャンプというものを始めたばかりで全然スキルがなくて、とにかく応募が来たら「どうぞどうぞ」ていう感じでした。

私はそれまで審査され続けて生きてきてたんで、自分の情報、「こういう者です」ていうのを事細かに送らないといけないと思ってたんです。


 ―なるほど…。やっとさえ子さんとたこキャンが出会うところまで来ました(笑)!震災と原発事故は、やっぱりさえ子さんにとっては大きな転機になったんですね。

私にとっては人生のすごい大きいターニングポイントになりました。


【インタビュー後編は近日アップ予定です。お楽しみに!】


# by takocamp | 2023-10-22 20:42 | Comments(0)
今年の「たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み」が無事終了して10日あまり。
9月2日、スタッフ・ボランティアが集まり、ふりかえりミーティングをおこないました。
2019年までたこキャン期間中の宿舎として使わせていただいていた、なつかしい建物です。

まずは今年の「たこ家族」のブログで写真を見ながら、全体のふりかえり。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 ふりかえりミーティング_d0238083_15050559.jpg

そのあと、終了後にいただいた参加者からの感想や、ボランティアさんから寄せられた感想を共有しました。
そして期間中に感じたこと、気づいたことなどをひとりひとり語ってもらいました。

今回は、コロナでの中止後、家族保養の形でリスタートして2年目。
家族での保養の良さというものをあらためて実感した、という意見も多く聞かれました。
家族での受けいれになったからこそつながれた、というケースもあり、親子参加の意義やおもしろさも感じることができた今年でした。
今回も小さい子たちがすぐに仲よくなり、あとから参加したスタッフは、どの子がきょうだいなのかまったくわからなかったそうです。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 ふりかえりミーティング_d0238083_15045409.jpg
参加者からも泊まり込んだスタッフ・ボランティアからも、そしてブログを見た多くの方からも大好評&絶賛だった、さえこさんのごはん。
アレルギーなどに細心の注意ははらいつつ、みんなが区別なくおいしく食べられることを大切に。
子どもたちも好き嫌いなく、たくさん食べてくれました。さえこさん自身も、今後につながる経験を積めたといいます。

今年は結果的に学生ボランティアの参加がなかったのは残念でしたが、たこキャンOG・OBにボランティア参加を呼びかけることも含め、来年も引き続き働きかけていこうということになりました。
コロナ前とは規模も形も大きく変わりましたが、今の自分たちができることを、できる範囲で続けていく。
早くも来年の話が始まっていた、ふりかえり後半でした。

大変なことがあっても、ほっと気が抜ける場所がたこキャン。山あり谷ありでも、なんとかなる!
という名言でしめくくられた今年のふりかえりミーティング。
いつものお好み焼き屋での打ち上げで、マスターは充実の表情☆
(とにかく《とてもいいたき火》ができたことが良かったそうです!)

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 ふりかえりミーティング_d0238083_15044419.jpg
あらためて、今年の「たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み」を支えてくださった多くのみなさんに、心からお礼申し上げます。
おかげさまで、こうして福島のご家族とまた新たにつながり、楽しい日々をともに過ごすことができました。
参加してくださった家族のみなさんにも、ぜひまたお会いしたいです!
また次の活動に向けて、スタッフも英気を養っていきます!

# by takocamp | 2023-09-04 16:08 | たこ焼きキャンプ2023 | Comments(0)
たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み、最終日の朝となりました。
食堂のこんな光景も、すっかり日常のよう。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_14303070.jpeg


ねえ、たこキャンのたこさん!パズルをもう一度コンプリートさせてよ~
ねばり強く、今朝も挑戦中。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_14333534.jpeg


さて、みんなのエネルギー源になってきた、さえこさんのおいしいごはん。
最後の朝ごはんも、こんなに色とりどりで栄養たっぷり!
トマト入り肉じゃがも絶品ですよ~
 ※今回、「生活協同組合コープ自然派兵庫」から多くのご支援をいただきました。ありがとうございました!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_14175746.jpg


どのおかずを食べようかな?
このあとの出発にそなえて、たくさん食べてね!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_14354919.jpeg

このごはん風景もラスト。
なんだか名残りおしいです。
みなさん「おいしい!」と言って、毎回たくさん食べてくれました♪

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_14373628.jpeg

子どもたちが昨夜生地を混ぜたケーキが、焼きあがっていました。
おいしそう!
ボランティアさん手作りのブルーベリージャムを添えて、召し上がれ~

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_14425211.jpeg

気をつけて帰ってね。
マスターと、そっとごあいさつ。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_14461663.jpeg

出発の時間差があるため、ここでお別れの家族もいます。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_14464825.jpeg


楽しい時間を胸に、ひとまずはさよならです。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_14483504.jpeg


ずっと手を振りながら、出発。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_14495615.jpeg


最後まで…
手を振りながら…

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_12230424.jpeg

お別れは涙、涙になった子も。
最後は涙こぼれるママも。
たった4日間だったけど、それぞれにとても大切な時間でした。
参加した子どもやおとなの心の奥に、たこキャンでの日々が、ちいさな光として残っていってくれたらと願います。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_12232061.jpeg


バス停にて、スタッフとはお別れです。
楽しい日々をありがとうございました!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_12234157.jpeg

一路福島県へ帰る家族、もう少し関西に残ってのんびり過ごす家族、別の保養に移る家族など、このあとの行き先はさまざま。
どうか元気で、残りの夏を過ごしてください!

こうして、「たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023」は無事終了しました。
台風の影響はあったものの、事故や体調不良もなく、最後までみなさんが元気に過ごせたことに、心からほっとしています。

コロナで休止していた期間、保養はもう必要がなくなっているのでは? たこキャンはもう役目を終えたのでは? という思いにも、とらわれることがありました。
でも、昨年初めて家族単位での小規模な保養の形でリスタートしてみて、原発事故後に生まれた子どもたちやその親御さんの中にも、保養のニーズが確かにあることを実感しました。

そして、親子保養として2回目の開催となった今年。
福島県からはるばる参加してくれた、4組の新たな家族との出会い、そして新たな発見がありました。
今回の参加者の中には、保養というものの存在を知らなかったり、もうとっくに子どもたちのための県外保養は終わっていると思っていた、という親御さんもおられました。
けれどさまざまなきっかけで保養の活動が今も続いていることを知り、今回わたしたちとつながってくれたのです。
また、これまでいろいろな保養に参加してきた中で、親子保養になったからこそ初めてたこキャンに参加できた、という家族もありました。
子どもたちのために、という思いで、それぞれによりよい行動を考え、日々を過ごしているママやパパたち。
その思いに触れることは、わたしたちにとっても、とても大切なことです。

東日本大震災と原発事故から、12年あまり。
その年月をへてなお、多くの影響は残り続けていると感じます。
わたしたちにできることはほんとうにわずかでも、あきらめずにできることを続けていきたい。
あらためてそう思うことができた、かけがえのない4日間でした。

「たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023」に参加したみなさん、そして支えてくださったすべての方に、心からの感謝をこめて。
またきっと、お会いしましょう!


たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 最終日レポート_d0238083_12295375.jpeg



# by takocamp | 2023-08-26 19:00 | たこ焼きキャンプ2023 | Comments(0)
今年のたこ焼きキャンプ☀家族で夏休み、もう後半に入りました。
3日目の今日は、みんなが楽しみにしている交流会(別名、おまつり)があります。
コロナ休止前、子ども主体でキャンプをやっていたころは、毎年必ず「夏まつり」として子どもたちが出店のアイデアを出し、自分たちで運営し、ステージでダンスを披露したりしていました。
今はそんな大規模なことはできませんが、子どもたちにも親御さんにも、ちょっぴり夏まつりのワクワクを感じてもらえたらと思っています。
さて、今年はどんな交流会になるのでしょうか…?

子どもたちは、朝から元気いっぱい。
お互いすっかり仲よくなっています。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_18514344.jpeg

ブログを見てすでにお気づきの方もおられると思いますが…
今年も初日からたこキャンTシャツは大人気で、お買い上げいただいてすぐ着用、というパターンであちこちにいろんな色のたこキャンTシャツが♪
ママやパパが着ると誰がスタッフかわからない、という楽しいことになっています。
在庫がかなりなくなり、たこTはいつしか希少品になりつつある…⁉

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_18424665.jpeg

さて、今年のさえこ食堂、お品書きが出るようになりました。
これもほんとのお店みたいで楽しい♪

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_18525655.jpeg

さえこ食堂のお得意さまナンバーワン、それはワタシ!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_18540870.jpeg


ぼうしのおっちゃんは、いろなことを知っています。
庭に来た子どもたちに、セミが地上に出てきた穴を教えてくれました。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_18565444.jpeg

あきることなく、虫取り。
小さな蝶や、黒トンボも飛んでいます。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_18584794.jpeg


自然のものを使って、すてきなオブジェづくり。
アーティスト誕生♪

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19001170.jpeg

交流会に向けて、なつかしい顔が集まってきました。
ずっとたこキャンを支えてきてくれた、生活担当や子ども担当のボランティアさんたち。
転勤先の遠方から、この日のために駆けつけてきてくれた人も。
おひさしぶりです!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19040074.jpeg

交流会の打ち合わせ。
出店は、炭火焼き、たこ焼き、焼きそば、かき氷、飲みものなど。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19055690.jpeg

看板書きは、子どもたちといっしょにやりました!
かわいいカメのイラスト♪

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19082297.jpeg


こちらは、焼きそばチームのみなさんです!
風格が漂っております♪

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19100317.jpeg

少し陽がかげってきて、いよいよ交流会のはじまり、はじまり~

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19115585.jpeg

マスターもうれしそう。
いい時間になりそうです♪

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19131885.jpeg

受付はこちらですよ~♪

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19161662.jpeg

参加家族をはじめ、スタッフ、ボランティア、ゲストの方たちなどをまずは紹介。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19143062.jpeg


こちらは、かき氷。
チーフはパパが担当してくれました。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19171881.jpeg


僕もがんばって氷削ってます!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19181272.jpeg


さえこさんの手作りシロップをかけて…
気分は、ほんもののかき氷屋さん!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19203392.jpeg


おいしいたこ焼き、もうすぐできますよ~
やっぱり、たこ焼きキャンプにはこれがなくちゃ!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19231502.jpeg

焼きあがったアツアツのたこ焼きをゲット!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19250492.jpeg


パパといっしょでうれしいね~♪
パパも楽しそうです。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_14121001.jpg


「わたしのサイズが、もうありませんね?」
淳心の家の管理人、ムシェ神父さん。ちょっぴり残念そう…
たこキャンTシャツ、着ていただきたかった!
今年もほんとうにお世話になり、ありがとうございます。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19372331.jpeg


こちらは炭火焼きチーム。
暑い中、ひたすら焼き続けてくれています。
お疲れさまです!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19420888.jpeg


奥まった玉座には、かわいいクイーン。
次々と貢ぎものを受け取ってはお召し上がり。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19432862.jpeg


マスターが新曲を披露したあとは、ボランティアさんの弾き語りも。
いい感じに少しずつ夕刻が近づいてきます。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19494871.jpeg

交流会がゆるゆるとお開きになっていき、お次はこれ。
子どものたき火です。
昨日とちがって、今日は子どもが主役のたき火なのです。
マッチを自分でつけて、薪に点火し、火を育てる。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19513992.jpeg

しっかりと燃え上がりました!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19552755.jpeg

自分たちでおこした火を使って、今度は花火。
子どもたちの眼がきらきら輝いています。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19582298.jpeg


たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_19592779.jpeg


たき火と花火を終えて、室内に戻るとまだお楽しみが。
明日の朝に食べるケーキ、みんなで生地を混ぜて作りました!
おいしい生地の味見も♪ 朝ごはんが待ち遠しいね~

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_20004521.jpeg

せっかくコンプリートしたチョコレートのパズルが落ちてばらばらになってしまったため、リベンジ!
みんな見守ります。がんばれ~

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_20091845.jpeg

夜にやってきた新たなスタッフと、ママパパでナイトタイムがはじまりました。
おとなの時間に「何やってるの?」と、かならず子どもはやってくる。
これも楽しい瞬間です。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第3日レポート_d0238083_20083231.jpeg

もう、明日にはみんな出発していきます。
ほんとうにあっという間の4日間…
帰路につく家族、別の保養に行く家族。
名残りおしい思いを胸に、おやすみなさい。

最終日のレポートも、どうぞお楽しみに!

# by takocamp | 2023-08-25 19:00 | たこ焼きキャンプ2023 | Comments(0)
たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み、2日目の朝です。
おはようございまーす。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_17141409.jpeg

野菜や発酵食品たっぷりのメニュー。
子どもたちも、もりもり食べてくれてます。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_17145937.jpeg

ウフフ、いいもの見つけた!
けん玉、ワタシもできるもん!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_17170007.jpeg

ほら、見て見て~

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_17212909.jpeg

淳心の家の広ーい廊下は、今年も子どもたちのお気に入りです。
いっしょに走ろ、走ろ!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_17244900.jpeg

去年は感染予防のため、参加者には厨房に入っていただけませんでしたが、今年は洗いものなども各自お願いし、みなさん自由に出入りしていただきました。うれしい変化です。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_17264537.jpeg

さえこ食堂、お昼のお弁当。
彩りも味も満点です!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_17295844.jpeg

今日は終日フリータイムで、それぞれの家族でお出かけ。
楽しみだね♪
いってらっしゃーい!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_17340973.jpeg

みんなが出かけた淳心の家では、マスター主導でテントとビニールプールの設営。
今夜は庭で、たき火をやりますよ~!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_17362418.jpeg

それぞれの家族の、お出かけ写真。
ママたちに送っていただきました!
ありがとうございます♪

「姫路城、天守閣の一番上まで登ったよ!」

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_18012592.jpg


「ワタシはおにいちゃんとパパママと、そうめんの里を満喫したの。
ズズー!」

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_18002499.jpg

「須磨の海水浴場で泳いだよ! 明石海峡大橋も見に行ったよ!」

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_18022595.jpeg

早朝から大阪方面に遠征して楽しんできたご家族もありました。
お出かけから早めに帰った子たちは、淳心の家でリラックス。
おや、マスターがギターの練習を始めたよ!
明日の交流会で演奏するのかな?

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_18074327.jpeg


台風の影響で一日遅れで到着したご家族と、ようやくマスターもごあいさつ。
少し短くなりましたが、楽しんでください!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_18102902.jpeg


今日の晩ごはんは…
煮込みハンバーグ!
とうもろこしごはんと、じゃがいもの冷たいスープ。
とってもおいしかったです♪

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_18125492.jpeg

仲よしになった二人。
洗いものだけでなく、お料理をみんなに配るのも、せっせとやってくれました。
とっても気のつく働きものコンビです。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_18192116.jpg

ごはんのあと、さっそく今日出会った子同士があそびはじめました。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_18230272.jpeg


たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_18261431.jpeg

さて、今夜は庭で、「おとなのたき火」です。
おとな用なので、子どもはゲスト。
夜の虫取りに来た子たちが、なんだなんだ?と見に来ました。

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_18283784.jpeg

やっぱり、見たからには参加したい!
たき火でさつまいもや、あたりめを焼くのにハマる子続出。
真剣です!

たこ焼きキャンプ☀家族で夏休み2023 第2日レポート_d0238083_18303497.jpeg

その後はたき火が自然に消えるまで、スタッフとパパがゆっくり語り合う時間も。
こうして、2日目の夜は更けていきました。
気づいたら、もう折り返し地点⁉
4日間は風のように過ぎていきます。
明日は、みんなが楽しみにしている交流会です!
次のレポートをお楽しみに~♪

# by takocamp | 2023-08-23 19:00 | たこ焼きキャンプ2023 | Comments(0)