人気ブログランキング |

明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
【藤ノ木山から、星の子館へ】

たくさんあそんだ学生ボランティアさんとも、今日でお別れ。
最後までほんとに楽しく過ごせてよかったね!

d0238083_23442947.jpg

見送る子どもたちに、いっぱい手を振ってくれました。

d0238083_23442253.jpg

また来てね~!
また会おうね~!

d0238083_23441858.jpg

藤ノ木山でお別れする会計担当の敬子さんに、夏まつりで集めた募金を子ども代表が手渡しました。
みんな、ほんとうにありがとうね!!
代表の子は、ちゃんとあいさつを考えてきていましたよ。

d0238083_23441485.jpg

最後に、藤ノ木山野外活動センターでの記念撮影。
職員のみなさん、ほんとうにお世話になりました。

d0238083_23440846.jpg

ここで、食事担当のとよみさんともお別れ。
さびしいね。
女の子の何人かは、早くも涙、涙でした。

d0238083_23435220.jpg

【星の子館をみんなで楽しむ。】
昨年はリニューアルのため休館していた「星の子館」。
一昨年利用したときに子どもたちの評判がよかったため、新装オープンした今年、最後の一泊をここでお世話になることにしました。

安藤忠雄設計の、かっこいい建物です。
てっぺんにあるのが、天体望遠鏡。

d0238083_23592667.jpg

さっそく、昼間の天体観測に参加しました。
大きな望遠鏡に、ちょっとどきどき。

d0238083_23561192.jpg

見えた見えた!
小さいけど輝きを放つ星が、はっきり見えたそうです。

d0238083_23555594.jpg

図書室や、卓球などができる部屋もあります。
みんな、思い思いに楽しみました。

d0238083_23554663.jpg


すぐ近くにある、姫路科学館。
「新・錯覚美術館」という特別展をやっていました。
人間万華鏡~♪

d0238083_23553874.jpg
科学館では、「星の旅」というプラネタリウムのプログラムも楽しみました。
睡眠時間になってた子もいたみたいだけど、宇宙で眠る感じもまた、素敵かも…

子どもたちがねばったのは、科学館のミュージアムショップ。
魅力的なものがいろいろあったようです。
多彩な石とか、恐竜の模型とか…

d0238083_00072928.jpg

でも、ダントツに人気だったのは、これですよこれ!
エイリアンスライム!

d0238083_00073791.jpg
一昨年もなぜかたこキャンの子に大人気だった、この商品。
緑色のエイリアンが、白いスライムの中に沈んでるだけなんですが…
むしょうに子どもたちの(いえ、大人もです!)心をかきたてる何かが。
とりつかれる子、続出! たこキャンが買い占めか!? というほどの人気。

d0238083_00072391.jpg

さて、子どもたちをやさしく見守り、羽釜ごはん担当大臣でもあった、えいじくん。
この日でお別れです。
「えいじ大好き~」

来年、また子どもたちに会いに来てね!

d0238083_00060217.jpg

別れあれば、再会あり。
この夜、昨年まで学生ボランティアだった、みずほちゃんが!
なんとスーツ姿で訪ねてきてくれました。ありがとう~

d0238083_00210754.jpg

で、やっぱり、おんぶなの!
もうほんとに、これだけ甘えきれるってしあわせ。

d0238083_00211686.jpg


【最後の夜。出発の朝。】

さて、夜も少し更けてきて…
いよいよ、たこキャン最後の夜、子どもの振り返り会がはじまります。
浴衣姿がかわいい♪

d0238083_00260081.jpg
最初に、初日からの11日間を、たくさんの写真を見ながら振り返ってもらいました。
みんな、どっと笑ったり、いろんなこと思い出しておしゃべりしたり…
写真を撮ってきた側からは、とてもしあわせな時間でした。

そのあと電気を暗くして、気持ちをととのえて。
ひとりずつ、キャンプで感じたことを話してもらいます。

d0238083_00255336.jpg
今年が参加の最後かもしれない、と思っている6年生が多かったせいか、途中で言葉につまり、涙をこらえながら話す子も。
楽しかったこと。おでかけ。夏まつり。みんなであそんだこと。海に行ったこと。
ちょっぴり不満だったこと、言っておきたいことがある子も、ちゃんと言葉にすることができていました。
いいことだけじゃなく、伝えたいことが言葉にできるのが、とても大事です。

何年もたこキャンに参加してきた子にとっては、キャンプの終わりは、大事なひとつの世界が終わってしまうような、なんともいえない気持なのかもしれません。
はじめて参加の子にとっても、時間をかけてなじんだ《今年のたこキャン》は、もう二度と同じものは経験できない場。
みんなにとってそれぞれに、終わりは切なく迫ってきます。

電気をつけても、じっと抱き合う姿がいくつもありました。

d0238083_00340783.jpg


翌朝。
ちょっぴり寝不足?の子どもたちが、それでもいい笑顔で集まりました。
最後の記念撮影。
みんなで元気に「たこ焼きキャンプ!」

d0238083_00461955.jpg

「姫路に来たのに、お城が見られなかったのが残念」
という声が、何人かの子から、前夜の振り返りで出ていました。
(ごめんね~。今年はスケジュール的に無理だったんです…)
すると!
星の子館の職員さんに相談してみたら、帰りのマイクロバスで特別に姫路城のそばを通ってくれることになりました!

さて、そのバスの中では、なんだか《お別れハイ》状態?
マスター、顔疲れてますけど…(汗)

d0238083_00461602.jpg

さて、約束通り運転手さんが、姫路城の正面にバスをつけてくれました!
「おおお~」と盛り上がって撮影する子どもたち。

d0238083_00461173.jpg


おかげさまで、福島に帰る前に、子どもたちはお城を見ることができました!
星の子館の職員のみなさん、ほんとうにありがとうございました。

d0238083_00460716.jpg


姫路駅に到着。
みんな運転手さんにお礼を言って降りて、さてここでしばらく時間があるため、最後のおみやげ買いに行く子あり。

満足いくもの、買えたみたいだね?

d0238083_01013458.jpg


「これかわいい♪買おう~」
って言ってるきみがかわいいです。

d0238083_01013071.jpg


改札に入る前に、みーこさんが頭を悩ませて作った、オリジナルチケットを手渡し。
誰がどこに座ることになるのか~!?

d0238083_01012682.jpg


ホームに着いて、別れが迫ると、なんとも離れがたくなる。
さえこさんも、ちょっと涙目。

d0238083_01012210.jpg


新幹線が来ました。
さあ、みんな乗って乗って!

d0238083_01011823.jpg


急にあわただしくなる中で、残るスタッフに、
「え?あれ?ここでお別れ?」
って目をまんまるにする子も。
みんなが福島まで同行すると思ってたんだね~(涙)
どうか気をつけて!

d0238083_01011336.jpg


みんな車中の人になり。
窓に伸ばされた手が切ない。

d0238083_01130688.jpg


無事に帰るんだよ~
ありがとうね。
また会おうね。

d0238083_01140253.jpg


新幹線に落ち着いた子どもたちは、すっきり帰宅モード?
いやいや、まだまだ楽しみたい!

d0238083_01160861.jpg


もはや電池切れ、熟睡コンビ。

d0238083_01161393.jpg


新横浜で2人が降りて、みんなでお見送り。
さて、混雑する東京駅で無事に東北新幹線に乗り換え…

このあたりで宿題を広げはじめる子、多し。
マスター「がんばっとるなあ」

d0238083_01213105.jpg


とうとう、郡山に到着です!

d0238083_01272717.jpg

家族の姿を見つけて、この笑顔。
帰ってきたね~

d0238083_01272494.jpg

マスターから、最後のごあいさつ。
みんなほんとに、お疲れさまでした。

d0238083_01272006.jpg

みーこさんとピース!
元気でね!

d0238083_01271694.jpg

こうして子どもたちを、無事に親御さんのもとに帰すことができました。
ほんとうによかった!
12月の同窓会でまた集まれたらいいな。
みんな、ずっとずっと元気で!

d0238083_01271257.jpg

****

ご覧いただいたように、2019年のたこ焼きキャンプは無事終了しました。
全6回にわたるキャンプレポートの連載におつきあいいただき、ありがとうございました。
キャンプの現場の空気、子どもたちのいきいきとした様子を、すこしでも感じていただけたなら幸いです。
今回もまた、たこキャンを応援し、支えてくださったすべての方々に、心から御礼申し上げます。

2011年の立ち上げから9回目のキャンプとなりました。
これまでに経験したあらゆることが、よろこびも悩みもすべて、私たちスタッフを成長させ、いろいろなことに気づかせてくれていると思います。
なによりも深く心に刻まれているのは、キャンプで出会ったたくさんの子どもたち、親御さんたちとのつながりです。
そして、それを大きくつつんでくれている、たこキャンを支援してくださる数えきれない方々の存在の大きさです。

大震災と津波、そして原発事故というつらい出来事からはじまった保養キャンプ。
でも、そこから生まれた小さな希望が、私たちの小さな歩みを照らしてくれていると感じています。
子どもたちのこの先を微力ながら見守り、被災地に生きる方々の思いをすこしでも受けとめていきたいと願いつつ、たこ焼きキャンプは10年目へと歩いていきます。
これからも、どうかご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。


# by takocamp | 2019-08-20 07:00 | たこ焼きキャンプ2019 | Comments(0)
【さよなら須磨!よろしく姫路!】

須磨での7泊8日を終え、姫路へと移動する日が来ました。
みんなのおうちのようになっていた須磨の宿舎、そして須磨のボランティアさんともお別れです。

d0238083_19360300.jpg

ボランティアさん運転のマイクロバスに乗り込み、一路姫路へ!

d0238083_19435008.jpg

ぼうしのおっちゃん、また会おうね!

d0238083_19434696.jpg
姫路では、一昨年まで宿泊させていただいていたカトリックの施設「淳心の家」のプールに入らせていただきます。
一昨年も来ていたリピーターの子はとっても楽しみに、知らない子たちは「どんなところなんだろう?」と考えているようでした。

バスに揺られて一時間以上。
姫路の「淳心の家」に到着しました!
「なつかしい~」という声がリピーターの子たちから上がります。
現在、耐震工事を待つ状態のため、残念ながら宿舎の中に入ることはできませんが…。

d0238083_21402783.jpg

宿舎の離れにあるヨゼフ館で着替えをすませて、さっそくプールへ!
カッパのくりちゃん、笑顔がはじけます♪

d0238083_21402075.jpg

男の子たちも大はしゃぎ!

d0238083_21401464.jpg

ものすごい暑さ!プールの中にもすごい日差しが入ってきます。
そんな中でも、ポーズをとってくれる子どもたち。
いや~、ひさびさの「淳心の家」のプール、入れてよかったね~!

d0238083_21400868.jpg

さて、プールのあとは「姫路おでん」のお昼ごはん。
仁豊野教会のボランティアさんたちが、毎年たこキャンの子どもたちのために、心をこめて作ってくださいます。みなさん、ほんとうにありがとうございます!

d0238083_21522764.jpg

姫路おでん、おいしいよ!
あまり食欲のなかった子も、びっくするくらいもりもり食べていました。

d0238083_21491924.jpg

「淳心の家」の管理をされているムシェ神父さんも、ひさびさに子どもたちの顔を見に来てくれました。
いつも子どもたちを気遣い、私たちスタッフにはねぎらいの言葉をかけて、応援してくださいます。

d0238083_21491160.jpg

おいしいおでん、手作りのデザートまでいただき、元気をもらった子どもたちは庭に飛び出していきます!

d0238083_21490513.jpg

ちょうちょ、つかまえた~!

d0238083_21485909.jpg

よし、僕も~!

d0238083_21485340.jpg
ここは虫の宝庫。
ひさびさの子どもたちにとっては、安心して走り回れるなつかしい場所です。

d0238083_22072742.jpg

捕った蝶をじっくりと観察。

d0238083_22083550.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎ…
「淳心の家」をあとに、姫路の宿舎に向かいます。

このあとも、仁豊野教会の方たちは宿舎の「藤ノ木山野外活動センター」に、お洗濯のボランティアに来てくださることになっています。
今年もほんとうにありがとうございます!

d0238083_22084217.jpg


【藤ノ木山で、野外炊事!】

去年に引き続きお世話になる、藤ノ木山野外活動センター。
宿舎のまわりは木々に囲まれていて、まさに自然がいっぱいです。

d0238083_22295703.jpg

さっそく、虫取り開始の子どもたち。

d0238083_22410860.jpg

大きなトンボをつかまえました!

d0238083_22295353.jpg

ここにも、学生ボランティアさんが何人も来てくれました。
まずはミーティングで、いろいろな打ち合わせをします。

d0238083_22354059.jpg

今回は、野外炊事をたくさんやりました。
バーベキューでは野菜をいっぱい切って…

d0238083_22420338.jpg

かぼちゃだって、コツをつかめば上手に切れる!

d0238083_22421213.jpg

薪割りも、マスターから伝授されて挑戦!
お互い、真剣なまなざしです。

d0238083_22431731.jpg

しっかり腰が入ってきた!

d0238083_22432685.jpg

がんばれ、火おこしチーム!

d0238083_22463716.jpg

それぞれの持ち場で仕事中。
なかなかいい風景です。

d0238083_22490149.jpg

焼きたては、やっぱり最高!

d0238083_22484528.jpg

おいしい顔って、こんな顔。

d0238083_22485011.jpg

まぁのさん提供の、とびきりのお肉もいただきました!
ごちそうさまです!

d0238083_22483955.jpg

ボランティアのお姉さんと、ふとしたひととき。

d0238083_22482626.jpg

バーベキュー中、朝日新聞の取材も来られました。
にこやかに答えてますね~

d0238083_22541814.jpg

誰だ、赤ちゃんになってるのは~?
こんなことできるくらい、大好きなんだよね。

d0238083_22483254.jpg

なつかしい以前のスタッフ・とうこさんも、ひさびさに訪れてお手伝いしてくれました。
ありがとう~

d0238083_22485571.jpg

なつかしいといえば…
去年のスーパーボランティア、もーりーも、はるばる藤ノ木山まで来てくれたのです!
子どもたち、大よろこび!

d0238083_22582944.jpg

バーベキューのほかにも、さえこさんと食事担当のとよみさんが協力して、野外で簡単にできるごはんをいろいろ用意してくれました。
子どもたちも、たくさん手伝ってくれましたよ。

d0238083_23093440.jpg

羽釜でごはん担当大臣、えいじくん!
火のお世話、後始末、子どもたちへの目配り… お疲れさまでした!
そして、おいしいごはんをありがとう♪

d0238083_23101942.jpg


【やっぱりたのしい!流しそうめん】

bridgeの学生ボランティアさん主催の、ネイチャーゲーム。
いろんな樹木や、かくされたアイテムをみつけて項目を埋めたら、ビンゴ!

d0238083_23172393.jpg

どこにあるかな~
早くビンゴになった人には、お菓子の景品あり!

d0238083_23172962.jpg

こちらは毎年恒例、流しそうめん!
姫路のボランティアさんが、設営からお世話までやってくださいます。
ほんとうにありがとうございます!

東北では、流しそうめんは関西ほどポピュラーではないとか? 
福島の子たちには、それだけ楽しみな体験なのかも。

d0238083_23204507.jpg

来るぞ来るぞ~♪

d0238083_23223999.jpg

上達すると、どんどんつかめるようになるよ!

d0238083_23204183.jpg

ぜったい、いっぱいつかんでやる~

d0238083_23204993.jpg

ゼリーも流れてくるんだよ♪ 
たくさんゲットしちゃった!

d0238083_23202940.jpg

須磨→姫路のみんなの様子、いかがでしたか?

次回はついに最終回!
藤ノ木山から星の子館へ、そしていよいよ福島へ…
ブログ連載が終わるのも、さびしい~(←ひとりごと)

# by takocamp | 2019-08-18 20:00 | たこ焼きキャンプ2019 | Comments(0)
【暮らす。あそぶ。たのしむ。】

須磨の宿舎での、一週間。
少しずつ、ここは《暮らすような場所》になっていきます。
みんなで枕を並べて眠り、みんなで食べ、みんなであそび…
時にはけんかもして、また仲直りして。

たのしいイベントもいいけれど、そんな何げない《日常》もまた、かけがえのない時間。
ひとつひとつが、振り返るときらきらと輝いています。


「かくれんぼしてるの!」
「ウフフフ…」

d0238083_16311993.jpg

こんなにも没頭して、漫画を読む。
たこキャン文庫では、「犬夜叉」が一番人気。

d0238083_16312127.jpg

ドミノ倒しに、わくわく!

d0238083_16311688.jpg

これはどういう状況なのか…

d0238083_16311397.jpg

たのしい状況だったみたいです。
「キャハハハ~♪」
みちくん「むぎゅー」

d0238083_16310913.jpg

くっついて、くっついて…
みんなで何を、そんなに見てる?

d0238083_17094259.jpg

暑い日盛り、生活担当ボランティアさんは毎日2回の洗濯。
切れ目のないお茶作りや、さまざまな仕事で子どもたちの日々を支えています。

d0238083_17093967.jpg

たこキャンTシャツ、二段重ね。
とにかくみんな、スキンシップが大好きです。

d0238083_17093723.jpg

今年もまた、毎日昼間は危険な酷暑が続きました。
須磨では室内ですごすことも多かったのですが、じっくりといろんなことに取り組む子もいて、充実した時間でもあったようです。

おでかけで買ったプラモデル、短期間で綺麗に完成させました!
細かい細かい部品と格闘しての、笑顔。

d0238083_17093242.jpg
こちらはガンダム。
好きなものへの集中力はすごいです。

d0238083_17311158.jpg

ブロックで組み立てた大作!
大作同士の、熱い戦い!

d0238083_17093440.jpg

読書感想文、みーこさんと。
集中して、考えて、ひらめいた!?

d0238083_17375936.jpg

神戸新聞の記者さんの取材。
女の子たち、真剣に答えていました。

d0238083_17380407.jpg

ときにはこんなふうに、ぽっかりと。
これもまた、大事な時間。

d0238083_17433152.jpg


【出会いがあって、別れがあって。】

たこキャンには、毎年ほんとうにたくさんのボランティアさんが参加してくれます。
続けて何年にもわたって来てくださる生活や食事担当の方。
子ども担当の学生ボランティアでも、毎年来てくれて、卒業してからでも仕事の合間に駆けつけてくれる方もいます。
また、その年ごとに必ず新しい学生さんも来て、子どもたちと仲よくなってくれます。

子ども担当になった若いボランティアさんが一様に言うのは、
「子どもたちの方から来てくれて、あっというまに親しくなる。ほんとうにみんな、人なつっこい」
ということ。
でもそれは、ボランティアさんの姿勢が、子どもたちに向けて開かれているからでもあるのです。
「この人となら、仲よくなれる!飛び込んでいっても、大丈夫!」
そう子どもたちに思われたということなのです。


ひさしぶりに会えた、あやちゃん。
別れがちょっぴりさびしいな。

d0238083_18024189.jpg

子どもたちの心身を毎回癒しに来てくださる、タッチ・イン・ピースのみなさん。
今年も子どもたち、身をゆだねて途中からぐっすりです。

d0238083_18024849.jpg

はじめて会って、仲よくなったボランティアさん、今日が最後。
Tシャツにサインして!って頼んだけど… くすぐったい~!!

d0238083_18025172.jpg

お世話になった高校生ボランティアの磨美ちゃん、生活担当に入ってくださったお母さんとも、この日でお別れです。名残り惜しいね…

d0238083_18030241.jpg

元気で!気をつけて!
また来年も来てくれたら、みんな喜ぶよ~

d0238083_18030432.jpg


【もういちど釣り!そして花火】

海水浴ももちろんだけど、釣りは毎年、子どもたちに大人気です。
海のここちよさ、獲物をとらえるワクワク感…なんともいえない魅力があるんでしょうね。
この日は、前回釣りに参加できなかった子が「今度こそは!」と須磨の海岸にやってきました。

今回の師匠は、マスターです!
がんばれ~

d0238083_18341171.jpg

おおっ、釣れたぞ~!

d0238083_18484649.jpg

見て、見て~♪

d0238083_18342381.jpg

海に向かってポーズ!

d0238083_18344986.jpg

実はこのとき、ちょっとしたエピソードが。

女の子たちが砂浜を歩いていて、
「ゴミめっちゃある!」
「袋ない?」
となり、
「須磨にはお世話になったから、ゴミ拾いやろう~」
と、たくさんの砂浜のゴミを拾ってくれたのです。
あとでこの話を聞いて、なんだか胸がじーんとしてしまいました。
誰に言われたわけでもなく、須磨への恩返し(?)にゴミを拾い続けてくれた子たち。
その心がありがたい…

集めたゴミがこちら↓

d0238083_19033219.jpg

そして、これはまた別の日。
夕映えの明石海峡大橋をバックに、みんなで記念撮影。
おだやかな海のここちよさを、満喫しました。

d0238083_18522497.jpg

毎年、須磨の地元の自治会主催の花火のつどいに、たこキャンの子どもたちをよんでいただいています。
今年もゆっくりと花火を楽しみました!

d0238083_19092703.jpg

桜木町自治会のみなさん、いつも本当にありがとうございます!

d0238083_19103794.jpg

たくさんのことがあった須磨での1週間を終え、次回は姫路に移動。
また新たな展開をお楽しみに!

# by takocamp | 2019-08-17 07:00 | たこ焼きキャンプ2019 | Comments(0)
【今年は宿舎で夏まつり!】

2011年のキャンプ開始以来、ずっと毎年続いている《たこ焼きキャンプの夏まつり》。
昨年は須磨寺の境内をお借りして、ビッグスケールでおこないました。今年は酷暑の影響もあり、宿舎内でこぢんまりバージョンに。
昨年のゴージャスさも素敵でしたが、今年のこれはこれで、落ち着いて準備や進行もでき、なかなかいい感じでした!

夏まつり当日の朝。
ボランティアさんが集まり、子どもたちも集まってきて、みんなで夏まつりに向けたミーティングです。

d0238083_12232506.jpg

台所では、お好み焼き屋さん担当の子どもたちの、仕込みがはじまりましたよ~
キャベツの切り方も、なかなか決まってます!

d0238083_12232185.jpg

こちら、ジュース屋さんです♪
ひさびさに来てくれたボランティアOGの、じまこちゃんとスマイル!

d0238083_12231836.jpg

手書きの看板にも、パワーがこもってます。

d0238083_12231383.jpg

こちらの女の子たちは、夏まつりでたこキャンへの募金を集めるために、オリジナル募金箱を作成中!
「たこキャン、お金ないんでしょ? がんばって募金してもらう~」
く~泣ける…ありがとね…

d0238083_12335723.jpg

こんな飾りもつくったよ♪
ほんとに器用です。

d0238083_12342057.jpg

女の子たちが前夜、さえこさんと一緒に焼いたケーキ。
おいしそうです♪

d0238083_13355224.jpg

男の、
たこ焼き。
渋いっ!!

d0238083_12342473.jpg


たこ焼き屋さんは、毎年焼いてきて、もうベテランさんです。
手ぎわのいいこと!

d0238083_12342798.jpg

ガチャポンおみくじも、すべて子どもの手作り!
なになに、「大吉 今日ポップコーンを食べると金運UP/募金するといいでしょう」!?
すばらしい内容!
ちなみに、「凶」のおみくじには、「募金すると運気UP」って書いてあるんですよ~
いずれにしても、あなたは募金がしたくなる!


d0238083_12441064.jpg

準備もととのい、開場時間。
お客さんが入ってきました。
さっそくガチャポンおみくじを引いていただきま~す。
「吉」と出るか「凶」と出るか?


d0238083_12492114.jpg

「金運UP」のウワサの、ポップコーン屋さん。
どんどん食べると、いいことありますよ~

d0238083_12524561.jpg

子どもたちには、これも手作りのチケットが渡されてます。
首から下げて、お店をまわるとチェックしてもらうしくみ。


d0238083_12573797.jpg

お客さんになるのも大事!
なかなかいけるわ~。はふはふ。


d0238083_13484479.jpg

ミニステージもはじまりました。
出演予定あったっけ?
なぜか出ている、歌ってる。そんなマスター。
このあと、ボランティアの竜くんもオリジナル曲を披露。


d0238083_13111034.jpg

葉ちゃん&磨美ちゃんの素敵なデュエット♪
澄んだ歌声にうっとり。

d0238083_13111425.jpg

トリは、女の子有志によるフラダンス。

d0238083_13201324.jpg

「花は咲く」の曲にのせて、美しい舞を見せてくれました。
じーんと心に響きました。

d0238083_13111976.jpg

フラのあとは、長いスカートを脱ぎ捨て!
アップテンポのダンスも披露して、沸かせてくれた女の子たち。

夏まつりは、まだまだ続きます。
会場は、人でいっぱいになりました。

d0238083_13285758.jpg

早くから準備していた、射的のお店。
こちらがオーナーでごさいます。

d0238083_14070431.jpg

狙いをさだめて…
子どもたちで大繁盛。


d0238083_13315757.jpg

お好み焼き、いかがですか~
マヨネーズたっぷりかけますよ!

d0238083_13322639.jpg

もう、募金するしかないわ!
ありがとうございます~♪

d0238083_13164820.jpg

たこキャンオリジナルTシャツ、なつかしい過去バージョンもございます。

d0238083_13402375.jpg

こうして盛況のうちに終わった、今年の夏まつり。
室内だから涼しいかな~と思ったら、すごい人でやっぱり暑かった!
でも楽しかったね!

あと片づけの最中の、一枚。
夏まつりを一緒にすごして、学生ボランティアさんともすっかり仲よし!
笑い声が聞こえてきそうです。

d0238083_13462763.jpg

【手作りはたのしい♪ワークショップ】

高校生ボランティアとして来てくれた磨美ちゃんは、2011年、12年のキャンプ創生期に小学校低学年で参加していた、たこキャンOG。
今回はみんなのお姉さんとして活躍してくれました。

夏まつりの夜、磨美ちゃん主催でおこなった、小さなワークショップ。
興味津々で参加した子どもたちが、作品づくりに取り組みました。

d0238083_14023777.jpg

ハーバリウムに挑戦!
いろいろなお花を組み合わせて、ガラスの器に入れ、最後にオイルを満たします。

d0238083_14023498.jpg

素敵に完成!
お母さんへのプレゼントにしようかな…
自分用にしようかな…

d0238083_14022819.jpg

こちらは、スクイーズ。
紙ねんどとアクリル絵の具を使って、おいしそうな料理やお菓子のミニチュアを作ります。
「パンケーキ作ろう♪」

d0238083_14022574.jpg

「コーンスープできた!」
かわいい~♪

d0238083_14022261.jpg

磨美ちゃん、すばらしい講師ぶりでした!
たのしい思い出が、またひとつできた夜。

d0238083_14335000.jpg


たこキャン夏まつり&ワークショップ、いかがでしたか?
次回は、2度目の釣りや、須磨での日常の姿あれこれをご紹介します。
お楽しみに~♪




# by takocamp | 2019-08-15 20:00 | たこ焼きキャンプ2019 | Comments(0)
【どこへ行こう?楽しいおでかけ!】

たこキャンで子どもたちが楽しみにしていることのひとつが、おでかけ。
行きたい場所の希望を自分たちで出しあって、グループをつくり、行き方やかかるお金も調べて、でかけていきます。
大人は付き添いますが、あくまで見守り。
さてさて今年は、どんなおでかけだったのかな…?

ワクワク笑顔の女の子グループ。
「いってきまーす!」
楽しんできてね~♪

d0238083_12553690.jpg

クールに決めた二人。
「いってくるぜ!」

d0238083_12553300.jpg

こちらのグループは、須磨水族園へ。
いろんな魚がいるね~。サメやエイもひらひら。

d0238083_12552869.jpg

仲間で電車に乗るだけで、なんだか気分が上がるのさ!

d0238083_12551763.jpg

昔ながらのプラモデル屋さんがお目当ての子たち。
「どれを作ろうかな…」
真剣に選んでます!

d0238083_13034172.jpg

お買いもの女子、ノリノリです!

d0238083_13033825.jpg

明石城址を見に来た子たちは、明石公園内を延々歩いて「子どもの村」で大あそび!
実はここは、たこキャン創生期に使っていた宿舎のすぐそば。
2011~12年のキャンプでは、毎日ここで子どもたちがあそんでいました。
スタッフにとっては感慨深い~。

d0238083_13033396.jpg

明石「ギョギョルーム」にて。
さかなクンになりきったよ!

d0238083_13033662.jpg

お昼ごはんは、圧倒的に明石焼きが人気です!
よそではなかなか食べられない、このふわふわ感がたまらない~♪

d0238083_13170091.jpg

大きなコテで、自分たちで焼いちゃうよ!
モダン焼き(焼きそば入りお好み焼き)もいける♪

d0238083_13165384.jpg
いろんなところを見て、おいしいものも食べて、おみやげもゲットして…
みんな、大満足で帰ってきました。



【たこキャン食堂、開店中~】

子どもたちのごはん作りもまた、たこキャンのメイン。
6月の参加者ミーティングでの話し合いで、すでにごはん作りのグループにわかれ、グループ名やメニュー決めをしてきました。

まずは、「セコグロサンⅣ」(←いまだに意味がわからないナゾのグループ名)。
鶏むね肉のねぎ塩ソースと、ナムルに挑戦!

端正な手つきで、肉を切る。

d0238083_13285156.jpg

ショウガをおろして、ソースを作る。

d0238083_13284833.jpg

下味をつけた肉に、粉をまぶす~♪

d0238083_13284563.jpg

みんなで料理した成果が、こちら!

d0238083_13284112.jpg

めっちゃ、おいしいやん!

d0238083_13392428.jpg

続きまして、もうひとつの男子グループ「おーいお茶」。
メニューはこちらですよ。
お肉3キロ!
30人分近くの夕食を作るのは、子どもたちにとっては大仕事ですが、貴重な経験にもなります。

d0238083_13461720.jpg

おしゃべりしながら、肉を切る切る。

d0238083_13515904.jpg

どんどん調味料で味付けするよ~。
混ぜて混ぜて。
d0238083_13515670.jpg

ええっと、何か不満があるらしいです。
途中で抜けてあそんでる子がいるとか、いないとか…?

d0238083_13515301.jpg

そんなこんなで、無事完成!
おいしそうな、しょうが焼きとサラダ。

d0238083_13514961.jpg

いただきま~す♪

d0238083_13514332.jpg

そして、満を持しての登場、女の子グループ「レインボー」
メニューはオムライス。
この日はおでかけのあとだったので、かなり忙しい思いをしたけど…がんばりました!

缶詰が開けられない~!
慣れないことに奮闘したり。

d0238083_14044143.jpg

この真剣なトマトとの向き合い方!

d0238083_14043590.jpg

お豆腐のサラダにトマトをのせて…

d0238083_14043031.jpg

ごはんの炒め方、こんな感じかな?

d0238083_14043346.jpg

卵を混ぜるのも、ていねいに。
こんなたくさんの卵、なかなか扱うことはありません。

d0238083_14042648.jpg

そして出来上がったオムライスがこちら!
やさしい味で、おいしかったよ~♪

d0238083_14042239.jpg

いろいろなボランティアさんが作ってくれるお昼ごはんも、バラエティ豊かでした。
「去年も会ったの、おぼえてる?」
「うん、もちろん!」
そんな会話も聞こえてきたり。

d0238083_14125576.jpg

今日は麻婆豆腐か~
おいしそう!

d0238083_14165442.jpg

須磨では毎日、ほんとうにお昼ごはん、お世話になりました。
ボランティアのみなさん、暑い中、子どもたちのためにありがとうございました!

d0238083_14213110.jpg

さて、最後に紹介するごはんは、子ども有志による「ガパオライス」。
どうしてもこのメニューが作りたい!という子がいて、それを手伝うという子があらわれ…

ガパオライスって… 何?
さあね… まあがんばろ!

d0238083_14213708.jpg
本来は香辛料のきいたタイ料理ですが、子どもが食べやすいようにマイルドなアレンジメニューを探してきてくれたようです。

どうだ!とばかりの完成品。
目玉焼きものって、おいしそう~

d0238083_14213961.jpg

これはなかなか、いける!
みんなに好評でした♪

d0238083_14214208.jpg

料理をしたら、あとかたづけも自分たちで。
キャンプ中は、何かと台所に立つことが多い、たこキャンの子どもたち。

なんだかここは、おちつくね。

d0238083_14214465.jpg

子どもたちのおでかけ、ごはん作り、いかがだったでしょうか?
次回は、いよいよたこ焼きキャンプの夏まつりのレポートです!
お楽しみに♪

# by takocamp | 2019-08-14 07:00 | たこ焼きキャンプ2019 | Comments(0)