明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

福島滞在日記その2

                              明石であそぼう!たこ焼きキャンプHPはこちら

代表の小野から、福島入り2日目の報告です。

福島市にて
4日は朝、寺子屋方丈舎の江川さんの車に乗り、福島市に移動。引きこもりと言われる若者や不登校の若者の支援をしてきた「ビーンズふくしま」の中鉢さんのエスコートで、福島市内のNPOや避難所を回らせていただきました。福島県庁近くの記者クラブにも行きましたが、なかなか緊張感がありました。途中、17日の説明会の会場、福島市市民活動サポートセンターも下見。避難所の体育館では、いろいろなやりとりの末、キャンプのチラシを置かせてもらえることに。震災からほぼ4ヶ月、いまだに体育館に避難している人たちが相当数いる事態は阪神淡路大震災でもかんがえられなかったことです。でも、その避難所に元気な小学生がたくさんいて、この子たちにもキャンプに来てもらえたらいいなあと思いました。
最後に、ビーンズふくしまのフリースクールを訪問。15~18歳が中心の子どもたち10人ほどが来ていて、ゆったりとなごやかに過ごしている雰囲気に、かつて私がスタッフをしていたフリースクールの様子を思い出し、ほっこりとした気持ちになりました。

夜は、「やまなみ農園」という自然農の農場をしていた佐藤幸子さんを訪問。
佐藤幸子さんのことは、子どもの被曝基準20ミリシーベルトの問題で福島県の親たちが国や文科省と交渉に行ったとき、一番最初に本当に心に迫る、切々とした発言をしていた姿がユーチューブで流れていて知りました。今は、福島県の子どもたちの一時疎開や県外避難、健康相談などを中心とした活動をしています。
「チェルノブイリ原発事故の後、原発や石油に頼らない生活をしようと思い、自然農をやってきた。それが今度の原発事故のために全部だめになってしまったが、今の事態は、これまでの日本人がやってきたことをすべて問い直しているんだと思う。しばらくのあいだは、農業はやらず、この問題に取り組もうと思う。」
佐藤さんの一言ひとことに、胸が熱くなりました。一度「やまなみ農園」を訪ねたことのある知人によると、食べものやエネルギーを本当に自給に近いかたちでまかなった生活をしている素敵なところだったそうです。
そうした自然農や有機農業をしていた田畑にも大量に放射能がふりそそいでしまいました。取り組んできた人たちの血のにじむような努力を無にしてしまった今回の事態に、本当に言葉もありません。しかし、佐藤さんのように、現地でこの事態にまっすぐ向き合っている人がいることに、希望も感じました。
福島市内では、ごく普通に街を歩いている若い人たちや親子連れもたくさん見かけました。一時間あたり1マイクロシーベルトを超える街でも、そこにいる限り、食べたり仕事したり遊んだり恋をしたり、という普通のくらしがあります。でも、おそらく、そうしながらみんなどうしたらいいかわからない不安を抱えているのだと思います。

佐藤さんと話して、気分がよくなって入った居酒屋で、そこの威勢のいい大将に、「支援の人ですか?」と訪ねられ、いろいろ話をすると、「こんな放射能の街によく来てくれました」と言われました。つらい言葉です。
さらに話してみて、チェーン店ながら、結構店長がやりたいようにやれる店であること、船が好きなので、船のイメージで店内を改装したこと、福島を主にして東北の地酒を置いていること、などを楽しそうに話してくれました。
どうしたらいいのか本当にわかりませんが、とにかく福島の人たち・子どもたちと直接顔の見えるつながりを作って、そこから何ができるか考えていきたいと、強く思いました。

小野

[PR]
# by takocamp | 2011-07-05 11:58 | Comments(0)

プログラムあれこれ

                              明石であそぼう!たこ焼きキャンプHPはこちら

「明石であそぼう!たこ焼きキャンプ」って、不思議な名前ですよね。
たこ焼きキャンプ?毎日たこ焼きするの? なんて聞かれることも。
もちろん毎日はしませんが、たこ焼きを作ることはもちろんプログラムに入ってます!

関西では、どこの家庭にも必ずたこ焼き器がある…と言われています(ほんとかな?)。
そのくらい、たこ焼きはこちらでは身近な食べもの。
そしてここ明石では、たこ焼きのルーツともいわれる、「明石焼き」が地元の味です。
その「明石焼き」を食べに行こう! という予定もありますよ。
今のところ、キャンプのプログラムとしては、こんなものがあります。

・宿舎のある明石公園で、ゆっくり遊ぶ (明石公園のHPはこちらをクリック
・たき火で料理 
・公園の池のボートに乗る 
・海でカヌー体験 
・淡路島に船で渡る
・みんなで夏祭りをつくる…たこ焼き、わたあめなどの屋台をやろう! 
・明石の台所「魚の棚」市場の見学と「明石焼き」グルメツアー 
・東経135度(子午線)のシンボル明石天文科学館見学

ほかにも、地元でいろいろな方のお申し出があり、もっとプログラムはふくらみそうです。
もちろん、ゆっくり過ごしたい子どもや親子は、宿舎で過ごしていただくこともできます。

プログラムについても、また新しいことが加わればご報告します!
[PR]
# by takocamp | 2011-07-04 23:56 | Comments(0)

福島滞在日記その1

                              明石であそぼう!たこ焼きキャンプHPはこちら

下に書きましたが、代表の小野、今朝から福島に入っています。
1日目の報告が届きました。

***
昨夜の夜行バスで新潟に朝着き、山あいを通る磐越西線で会津若松へ。
今日から3日間、キャンプの広報のため、福島入りしています。
会津若松は、私にとっては、子どもの頃遊びに来ていた大都会。懐かしい街です。

昼頃着いて、地元のNPO「フリースペース寺子屋方丈舎」の車を借り、二次避難所となっている東山温泉のホテルへ。
ここには4軒のホテルに大熊町から百数十世帯が避難しています。少しずつ仮設住宅への入居が始まっていますが、まだたくさんの避難者が市内のホテルや旅客にいます。
その4つのホテルに、キャンプのチラシを持って行きました。
明日は、ボランティアの方が仮設住宅にチラシを配ってくださいます。

寺子屋方丈舎のボランティアのみなさんには、今まで二回御世話になり、一緒に活動させてもらいました。
前回6月初めには、たこ焼き屋台を神戸から車で運び、楢葉町から避難している方がたくさんいる芦ノ牧温泉でのお祭りに参加させてもらい、みなさんにとても喜んでもらえました。
(この時の様子は、私のブログ「マスターのひとりごと」http://masteron7.blog81.fc2.com/blog-entry-74.html
をご覧ください。)

たこ焼きのおかげで、楢葉町の人たち子どもたちと、すぐに打ち解けて話すことができ、置かれている大変な状況を肌で感じることができました。
楽しい、ほっこりとした空間・時間を作ることで、子どもたちに元気になってもらうことはもちろんですが、福島と兵庫・明石を、ほっこりとした橋でつなぎたいという想いが、この「たこ焼きキャンプ」というネーミングに込められているのかもしれません。

明日は、いよいよ福島市内に向かいます。

小野


d0238083_055575.jpg


















ボランティアのみなさんと夕食を一緒に食べた会津若松市内の食堂にあった折り紙。このお店の方が、ゲストハウス用に改装したビルをボランティアの宿舎として貸してくださっていたそうです。7月からはそこを被災者向けの二次避難所としても貸しているとのこと。ここのママさんが折り紙をしていて、他にもはんにゃの面など、すごいのがありました。会津の文化、おそるべしです。(小野)
[PR]
# by takocamp | 2011-07-04 00:03 | Comments(2)

代表、福島へ

                              明石であそぼう!たこ焼きキャンプHPはこちら

「福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト」代表の小野は、今、三度目の福島入りをしています。
今回の目的は、キャンプについて具体的に、会津若松市の寺子屋方丈舎さんや福島市のビーンズふくしまさんと打ち合わせ、そして現地での様子を把握することです。
どんな需要があるのか、明石に来ようと思ってくれる子どもや親御さんがいらっしゃるのか…。
「招きたい!」という思いの押しつけになっては元も子もありません。

たぶんあんまり知名度の高くない、明石という町。
そして無名のスタッフたちが立ち上げた、手作りキャンプ。
安心してあそびに来てもらえるよう、しっかり準備し、情報を広めたいと思います。
[PR]
# by takocamp | 2011-07-03 20:50 | Comments(0)
                              明石であそぼう!たこ焼きキャンプHPはこちら

「明石であそぼう!たこ焼きキャンプ」の企画を、続々とたくさんの方が応援してくださっています。
今日、明石市の後援が決まりました!

ボランティアの募集、募金のお願いもしています。
HP(ここをクリック)の「ボランティア募集」と「募金のお願い」のページををごらんください。
多くの方の力をいただきたく思います。よろしくお願いします。

スタッフ一同、連日準備や宣伝に駆け回っています!
近々、スタッフの素顔(?)も少しずつお見せしますので、お待ちくださいね。
[PR]
# by takocamp | 2011-07-01 22:53 | Comments(0)