明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

6回にわたってお伝えしてきた今年のたこ焼きキャンプレポートも、とうとう最終回。
熱く濃い12日間は、子どもたちの胸にどんなふうに残ったのでしょうか。
福島に帰り着くまでの日々、じっくりとご覧ください。



 【ちいさな瞬間のスケッチ。】 


日々を過ごしながら近づいていく、子どもたちの距離。

d0238083_13151597.jpg

大人との距離もまた。

d0238083_13161757.jpg

みんなで作ること。

d0238083_13202618.jpg

話し合うこと。

d0238083_13203807.jpg
みんなで食べること。

d0238083_13200491.jpg

日々を食べること。

d0238083_13204807.jpg

のんびりあそぶ。

d0238083_13195463.jpg

わらう。

d0238083_13262943.jpg

本気であそぶ大人っておもしろい。

d0238083_13315470.jpg

ぜったい離さない!

d0238083_13562778.jpg


おもいっきり駆けまわる。

d0238083_13280164.jpg

ぼくをつかまえた。

d0238083_13443040.jpg

今年も、さをり織り。
創作工房ゆうさんに機械をお借りして。

d0238083_13281587.jpg

ハカセと虫探索。

d0238083_13365767.jpg

こんな偶然あるんだね!
おんなじTシャツのふたりは、たちまち仲よし。

d0238083_13423741.jpg

来ては去っていく大人たちを、そのたび見送る。
たくさんの出会いと、別れ。

d0238083_13400282.jpg

きっとずっとなつかしく思い出す。
こんな風景と時間。

d0238083_13504614.jpg


子どもたちの日々を支える、生活担当。
まさに縁の下の力持ちたち。

d0238083_13481237.jpg

ないしょのクッキー作り。
焼きたてをそーっとつまむ。
このあとみんなに配ってくれた、やさしい女の子たち。

d0238083_13592060.jpg



 【星の子館へ。】 

暮らすように過ごした淳心の家にも、別れをつげるときが来ました。
たこキャンTシャツにサインしてもらうのが大流行。
とうとう、ムッシェ神父さんのサインにも、「レア!レア!」と、まるでアイドルのような行列が!

d0238083_14052273.jpg

ちょっと見せて~
スタッフやボランティアさんのサインもたくさん。

d0238083_14053201.jpg


ここでお別れのスタッフも。
どうか元気でと、願いをこめて。

d0238083_14054629.jpg

仁豊野教会はじめ、たくさんの方たちに本当にお世話になりました。

d0238083_14060109.jpg

ありがとうございました!淳心の家のみなさん!

d0238083_14061526.jpg


バスに揺られ、星の子館に着きました。
いきなり近代的な建物で、子どもたちは目がまんまる。
d0238083_14065561.jpg

館の中では、楽しいものをいろいろ作れたり。

d0238083_14172346.jpg

こちらは、ストロー細工のエビ!
作り方を教えてもらいました。

d0238083_14173192.jpg

夜は、天体観測会。
天体望遠鏡で、土星を観察しました!

d0238083_14160222.jpg

このあと、実際に大きな天体望遠鏡を使い、土星を観ることができました。

d0238083_14155037.jpg

そしてそのあと、キャンプ全体の振りかえり会をしました。
忘れられない匂いのエピソードもありつつ、無事集合…
キャンプ中の写真を初めて見る子どもたち。
キャーキャーワイワイ。

d0238083_14161542.jpg

電気を暗くして、ひとりずつ感想を言っていきました。
夏まつりや海水浴が楽しかった、という声が多かったです。
ケンカをしたり、いろんなことがあった…
楽しかった、あんなこと、こんなこと。
また来年も来たい。
6年生は、これが最後かもしれないけど、また来られたら来たい。
いつか、高校生になったら、たこキャンのボランティアになりたい。
そう言ってくれる子たちもいました。

みんな、たこキャンをほんとうに楽しんで、そして大切に思ってくれている、
そんな思いが伝わってきました。

明かりをつけたら、涙がとまらない子もいました。
そっと友だちの背中をなでる手。

d0238083_14162332.jpg
明日はみんな、福島に帰ります。




 【また会おうの約束。】 

とうとう、福島に帰る日。
出発の朝の6年生男子、エグザイルスタイルで記念撮影!
後ろに美女たちも従えておりますよ~

d0238083_14401488.jpg

さあ、みんなでマスターへの思いを叫ぼう!
「マスターの○△×~!!!」
なんて言ってるんだ~???
d0238083_14174046.jpg

姫路駅にて。
「また会おうね☆ぜったい!」

d0238083_15533457.jpg

いよいよ新幹線に乗り込みます。
ここでも、大好きなスタッフとのお別れ。
「またね、またね」
笑顔と切なさと。

d0238083_15580150.jpg


それでも新幹線の車内に落ち着くと、すっかりリラックス。
楽しい時間は続きます。


d0238083_15592655.jpg


たこキャンの旗をひるがえし、東京駅で無事乗り換え。

d0238083_16003327.jpg



東北新幹線の車中も、笑顔がたくさん♪

d0238083_16034113.jpg



大人は疲れてうとうと…

d0238083_16034801.jpg


そーっと音を立てずに…
車中で最後の記念撮影。
もうすぐ郡山に着きます!

d0238083_16115844.jpg



郡山駅に着くと…
今か今かと待ち構えるご家族の姿が。
まるで有名人の到着待ちみたい!?

d0238083_16004288.jpg


12日ぶりの再会。
会いたかったね~!

d0238083_16004951.jpg



こうして、子どもたちを無事にご家族のもとに帰すことができました。
別れ際にまた涙が止まらなくなる子もいましたが…
みんな、おうちでゆっくり休んで、たくさんおしゃべりしてね!

d0238083_16005539.jpg



7月29日にスタートし、たくさんのできごとを経て8月9日に無事終了した、たこ焼きキャンプ2017。
今年も本当に本当に多くの方のご支援をいただきました。あらためて、心より御礼申し上げます。
たこキャンを応援し続けてくださるひとりひとりの力が、この毎年のキャンプを作っています。安心してのびのびとあそび、多くの体験や人との出会いを経験する12日間は、きっとたくさんの大切なものを子どもたちの内側に残してくれると思います。



今年のキャンプは終了しましたが、12月には福島県二本松市での「たこキャン同窓会」での再会を予定しています。子どもたちは今から楽しみに待ってくれているようです。
これからも続くたこキャン。どうぞ息長く応援していただきますよう、よろしくお願いいたします!


*****


今回、子どもたち23人で始まったキャンプですが、残念ながら途中で体調不良のため福島に帰られたお子さんが1名おられました。(今はすっかり元気になられているとのことです)
最後に、23人全員がそろった日の集合写真を載せて、キャンプレポートを終わりたいと思います。子どもたちみんなが元気で、しあわせであることを心から祈りつつ。



d0238083_16010683.jpg


さよならは、また会おうの約束。
すべての人に感謝をこめて、ありがとうございました!

(完)




[PR]
by takocamp | 2017-08-27 16:54 | たこ焼きキャンプ2017 | Comments(0)

 【緑のなかで過ごす日々。】 


「淳心の家」の広い敷地は、子どもたちにとっては楽園のような場所。
毎日虫とりに駆け出していきます。

d0238083_11470449.jpg

トンボや蝶をつかまえて、観察。

d0238083_11473494.png

「もっともっとつかまえるぞ~」

d0238083_11491973.jpg

「見て!
 青栗、痛くないよ…」

d0238083_11500491.jpg
「イテ!イテテ!」

d0238083_11505248.png

みんなで木を集めて、自分たちで火をつけて。
こんな体験も、ふだんはなかなかできません。

d0238083_13143568.jpg

去年も大好評だった、チリメンモンスター。
小魚の中から、様々な海の生きものを見つけ出します。

d0238083_11520258.jpg

これはタコの赤ちゃんかな…?

d0238083_11523175.jpg



 【夏まつりにむけて。】 

第1回からずっと続いてきた、たこ焼きキャンプの夏まつり。
今年も子どもたちが、たくさんの出店やステージ出演を準備しました。

お好み焼きの出店について、食事担当スタッフとよみさんに相談。
こんなお好み焼きを作りたいんだけど… 
予算は? 材料の調達は?
真剣に算段しています。

d0238083_12172518.png
女の子のダンスチーム。
今年は音楽も振り付けも含め、すべてをセルフプロデュース!
毎日のように練習を重ねてきました。

d0238083_13001593.jpg

子どもたちと相談しながら、マスターが会場の全体図を描きます。
このお店はここにするかな?

d0238083_12183049.jpg

マッサージ屋さんをする予定の子たち。
ただいま、とよみさん相手に練習中!
「おお~上手上手~」
d0238083_12374582.png

いよいよ当日朝、仕込みが始まりました。
これは、お好み焼き屋さんの材料切り。

d0238083_12204111.jpg

こちらは、かき氷屋さんのシロップ作りです。

d0238083_12211072.png

ボランティアさんとの、朝のミーティング。
夏まつり、一緒によろしくお願いします!

d0238083_12222984.jpg
会場設営。僕もイスを運ぶ!

d0238083_12230075.jpg
ステージのリハーサルも始まりましたよ~♪

d0238083_12233048.png

コスチュームの準備もばっちりよ!

d0238083_12240088.jpg

さあ、いよいよ夏まつり、はじまりますよ~!



 【たこ焼きキャンプの夏まつり!】 


たこキャン夏まつりに欠かせない、恒例のたこ焼き屋さん。
毎年焼いて、すっかりベテランの手つき!

d0238083_12262440.jpg
今年のイチオシ新作!
抹茶と黒みつがけのたこ焼きでございます♪
これがとっても美味しいんですよ~

d0238083_12265491.jpg

うちのお好み焼きは、そこらのとは違うよ~
準備に時間と手間がかかってます!
そして熱い《お好み焼き愛》がたっぷり!

d0238083_12272400.jpg

マッサージ屋さん、こちらですよ~!
夢のように気持ちがいいそうです♪

d0238083_13052883.jpg

子どもたちのお店には、こんな手作りの募金箱が…
たこキャンへの募金を、集めてくれているのです。

d0238083_13045522.jpg
アトリエスタさんの名刺づくりワークショップ。

d0238083_13091610.jpg

いつもたこキャンを支えてくれている方たちも、さまざまな出店をしてくださっています。

d0238083_13084637.jpg
d0238083_13101679.jpg

こちらは、ライバル店!?
淳心学院のお兄さんたちによる、たこ焼き屋さんです。
ほかにも、子どもたちに大人気のスライムのお店もありましたよ♪

d0238083_13094666.jpg

ステージの様子です。
3組のミュージシャンが出演してくださいました。
福島の民謡を奏でてくれた、アカリトバリのお二人。

d0238083_13104629.jpg

女の子のダンスチーム《ボーカロイズ》登場!
このときになると、男の子たちがしっかり客席前列を占めているのがニクい。

d0238083_13111618.jpg

重ねてきた練習の成果が出ました!
躍動感あふれるダンスでみんなを魅了、フィニッシュ!

d0238083_13114765.jpg

しっとりと「花は咲く」を踊ってくれた、《たこキャンフラガールズ》。
可愛らしさと切なさに、思わず胸がじーんとしました。

d0238083_13121677.jpg

そして大トリは、昨年伝説を作った(?)《マスコデラックス》!
マスター+工場長、サポートにボランティアの竜くんも入ったバンドの「リンダリンダ」に、子どもたちは今年もノリノリ!

d0238083_13124857.jpg

今年も、にぎやかで熱い夏まつりが開催できました!
そして次の日には…

子どもたちがお店で集めた募金が、会計担当スタッフ敬子さんに。
授与式の様子です!
みんな、ほんとにありがとう~
そしてお疲れさま!

d0238083_13393210.jpg

いかがでしたか? たこキャン夏まつり。
5回にわたってお伝えしてきたキャンプのレポートも、次回がいよいよ最終回!
どうぞ子どもたちの帰還までを見守ってくださいね。



[PR]
by takocamp | 2017-08-25 13:47 | たこ焼きキャンプ2017 | Comments(0)

 【また来るね!須磨。来たよ!姫路。】 

この4年は、キャンプ期間の前半は須磨の宿舎、後半は移動して姫路の「淳心の家」でお世話になっているたこキャン。
今年も、大移動の日がやってきました。子どもたちも前夜から荷作り、大人たちも山のような荷物を移動させるのにてんやわんやです。

須磨のボランティアさんたちとお別れし、出発!

d0238083_00214472.png

山陽電車に乗って、姫路を目指します。
その途中…
「あ、見えた!見えた~」

d0238083_00275703.png
世界最長のつり橋、明石海峡大橋が間近に見えました。

d0238083_00280593.png
山陽姫路駅に到着!
移動のときの目印は今年も、この黄色いたこです!

d0238083_00281295.png
バスに乗り、姫路・仁豊野の「淳心の家」に到着~
暑かったね~

d0238083_00304412.png
さっそく広い食堂に落ち着いた子どもたち。
管理人のムッシェ神父さんからごあいさつがありました。
「遠い福島から、よく来てくださいました。安全に、楽しく、のびのびと過ごしてください!」

d0238083_00500627.png

到着の日恒例の、姫路おでん。
教会のボランティアの方たちが、今年も心をこめて作ってくださいました。

d0238083_00501600.png
おいしいよ! もうこんな食べちゃった!

d0238083_00502125.png



 【はじける、プール!】 

「淳心の家」でのお楽しみのひとつ、敷地内にある広々としたプール。
みんな、はじけました!

d0238083_00563211.png

泳ぎも年々、じょうずになるね。どこまでも泳いでいけそう!

d0238083_00565431.png
なかよし二人。やっぱり水の中ってたのしい!

d0238083_00572991.png

謎の黒い男たちにぐるぐるされて…
「あーでもなんか心地いい~ よきにはからえ~」

d0238083_00570478.png
歓声が聴こえてきそう。

d0238083_00572307.png

今年も淳心学院のお兄さんたちが、プールに来てくれました。
たくさん遊んだね!

d0238083_00573432.png




 【流しそうめん物語。】 

昔、昔…
あるところにたこキャンキッズという子どもたちがおっての。

ある日のこと。
たこキャンキッズは竹を切り出し…

d0238083_01145848.png
力を合わせて、それをまた切り…
半分に割っては中の節を取っての。
それはもう熱心な仕事ぶりじゃった。

d0238083_01150716.png
たくさんの大人も協力してくれてのう、
とうとう、りっぱな流しそうめんの道具ができたんじゃ。

みんな大喜び。
そうめんだの、ゼリーだの、トマトなどが流れてくる、それはそれはたのしい流しそうめんでのう…

d0238083_01163412.png

みんな、つるつるもりもりと食べて、

d0238083_01164881.png

かき揚げがまた絶品でな…
もぐもぐ。

d0238083_01164351.png

みんながおなかいっぱいになったあと、たこキャンキッズは道具をかたづける大人を、ちゃんと手伝ってのう。

d0238083_01170323.png
地面に落ちたそうめんも、一生懸命、手でひろいあつめていたんじゃ。
誰も見ていなくてものう…

d0238083_01171036.png

これが、「流しそうめん物語」じゃ。
いいお話じゃったろう?
とっぴんぱらりの、ぷう…




 【姫路といえば。】 

別名「白鷺城」といわれる、美しい姫路城。
その真下に…
らくだ!?

d0238083_01433854.png
そうなのです、ここは姫路市立動物園。
お城のすぐそばに、ゾウやらくだや、カンガルーが暮らしているのです。

d0238083_01434414.png
動物園見学を終えて、あこがれの姫路城のてっぺんを目指す、アタック隊がこちら。
あら、おみやげだけ買いに行く子もちらほら…
でも、ものすごい日差しと暑さの中、がんばる覚悟!

d0238083_01484860.jpg

城門から天守閣を目指して、ひたすら歩く。

d0238083_01491752.png
やっと城内に入ると、びっくりするほど急な階段をのぼってのぼって、
とうとう天守閣の一番上へ!

d0238083_01492259.png

暑さに負けず、がんばりました!
「姫路城、一番高いとこまでのぼったよ~!」

d0238083_01513998.jpg


次回は、姫路での日々を引き続きお伝えします!
たこキャン名物の夏まつりもレポート。更新をどうぞお楽しみに!



[PR]
by takocamp | 2017-08-22 02:07 | たこ焼きキャンプ2017 | Comments(0)

 【イルカにさわって、自然を感じて。】 

夏休み、須磨水族園ではイルカタッチというイベントがおこなわれています。
ブールに入り、イルカの体を直接さわれるという貴重な体験。
このイベントに、たこキャンの子どもたちも参加しました! 

d0238083_22123941.png

最初はちょっとこわごわ…
でも、すぐに興味津々でイルカのひれや背中に触れる子どもたち。

d0238083_22170159.png
あとで感想を聞くと、
「かわいかった!」
「さわりごこちは… ナス!」
という声が。ん、ナス…? 
イルカの皮膚はいがいに固くて、でもその中はやわらかい…そんな感じだったそうですよ。

水族園の展示もいろいろ見て、触れて。

d0238083_22242948.png

また別の日。
今度は、林の中へ。
須磨離宮公園は、たくさんの野鳥や多くの植物が生息する場所です。
この日は、鳥や草花にくわしい「明石 のはらくらぶ」の丸谷さとこさんが同行してくださいました。

d0238083_22332021.png

林の中で、自然の音を聴きます。
吹きわたる風の音。ゆれる木の葉の音。鳥のさえずり。

d0238083_22340073.png

落ち葉を拾って、その香りを嗅いでみます。
どんな匂いがするかな?

d0238083_22345108.png


ほら、ダンゴムシ。
地面にも、たくさんの命がいっぱい。

d0238083_22351092.png

虫めがねで、もっともっと観察。

d0238083_22352958.png
丸谷さんにいろいろなことを教えていただきながら、子どもたちは心と身体で自然を感じていました。
そのあとは、公園の奥へと進み、澄んだ空気の中でアスレチック!

d0238083_22495122.png
みんな真剣に楽しんでいました!

d0238083_22502474.png



 【須磨で過ごした日々のこと。】

須磨の宿舎での毎日。
笑ったり、怒ったり、膝をすりむいたり、ケンカしたり、仲直りしたり…。
体調を崩した子もあり、ほんとうにいろいろなことがありました。

宿舎の台所にて。
朝ごはんを食べるスタッフのところに、子どもたちがやってきます。
「頭を出してくださーい。ヅラ検査しまーす」

d0238083_23204525.png

「みんな、ちょっと集まって~」
マスターから、男子に何か相談があるようですよ。

d0238083_23235369.png


宿題もやらなくちゃだし。

d0238083_23262782.png
もちろん、いっぱい遊ぶし。

d0238083_23270912.png

外に飛び出しては虫とり。
「あそこにいる!」

d0238083_23303026.png
セミのぬけがらもいっぱい見つけたよ。

d0238083_23303740.png

たこキャン男子、たこを食す!
「やっぱ、コレでしょ!」

d0238083_23353484.png

いつもたこキャンを応援してくださっている、美容師の藤本仁司さん。
今年も子どもたちを、ヘアアレンジで変身させてくださいました!

d0238083_23441640.png


どこのおしゃれさんたち?
みんなゴージャスに、すごくかわいくなりました!
「この髪、くずしたくなーい!」この夜はみんなそーっとこのまま休みましたよ。

d0238083_23442470.png
「男の子もやってもらったら?」
の声に、はじめは戸惑っていた男子たちでしたが、
「ちょっと整えるだけで、かっこよくなるよ!」
という藤本さんの声かけに導かれ…

「僕、今食事当番で料理中なんスけど…」
なるほどのエプロン姿で、変身中。

d0238083_23443761.png
そして…

上級生男子、勢ぞろいで決めた!
ジャニーズ? いや、たニーズ?
みんな表情まで変わっちゃってモデルさんみたい!

d0238083_23444865.png




 【おでかけは、たのしい。】 

グループに分かれて、おでかけも。
朝からそわそわの女の子たちは、学生ボランティアさんにちょっぴりお化粧してもらいました。

d0238083_00033749.png

出かける前は、けっこうな大混乱。
みんな自分たちで出かける先やお昼ごはん、交通費も含めて予算を立てているので真剣です。
付き添うボランティアさんたちも一緒にミーティング中。

d0238083_00034454.png

須磨寺の歴史をたどる…というか…
いやいやこのあとちゃんとお寺見学もしましたよ~!

d0238083_00040124.png

明石まで足をのばし、念願の明石焼きをパクッ!
「おいし~♪」大好評でした。

d0238083_00042365.png

どうしても行きたかった、猫カフェへ。
猫も僕も、とってもしあわせ。

d0238083_00043224.png
みんなそれぞれ、行きたい場所へ行き、家族へのおみやげを買ったりして大満足。
子どもたちが自分で決めて計画するおでかけも、たこキャンの大事な行事なのです。


次回、たこキャンは須磨を離れ姫路へ移動。
そこでもたくさんのできごとが待っていました。引き続き、更新をお楽しみに!


[PR]
by takocamp | 2017-08-19 00:21 | たこ焼きキャンプ2017 | Comments(0)

 【須磨の海に飛び込もう!】 

須磨といえば、海。
みんなが楽しみにしていた、海水浴。
まずは準備運動をしっかりと! 工場長「オレはきびしいよ!」
d0238083_14344868.png

海に入ると、たちまち歓声。
波が来るだけで、楽しい♪

d0238083_14345540.png

男の子たちも盛り上がります!

d0238083_14350056.png
「これで海の生きもの捕まえるぞ…とっとっと」

d0238083_14350687.png
クラゲって意外に硬いんだね!
持ち上げるのもちょっとドキドキ。

d0238083_15161503.png

こちらは砂あそびグループ。「ウフフフ」
ボランティアさんの足を埋めようとしている…?

d0238083_14351796.png
海に行った両日とも薄曇りだったのが、かえって幸いでした。
海の時間は、体も心ものびのびするね!

d0238083_14352569.png

一方こちらは、釣りグループ。
魚釣り名人・玉井さんが今年も来てくださいました。

d0238083_15135936.png

釣り上げた魚を手づかみするのも、もう慣れたもの。
「僕の釣ったアジ!」

d0238083_15203823.png
みんな、次々と釣り上げていました。

d0238083_15285498.png

まだまだ釣るぞー。今日のお昼ごはんに足りるかな?

d0238083_15232520.png

釣った魚は、さえこさんがすぐにさばきます!

d0238083_15342951.png
たくさんの釣果は、から揚げにしてお昼にみんなでいただきました!

d0238083_15385862.png

お昼は、いつもたくさんのボランティアさんが交代で作ってくださいます。
みーこさんの合図で「感謝して、いただきます!」

d0238083_16153442.png


 【みんなのごはんを、みんなでつくる。】 

たこキャン名物、子どもたちのごはん作り。
期間中6回、子どもたちが夕食をすべて自分たちで作ります。大人は見守り、サポートするだけ。
参加者ミーティングで、メニューの選定も子どもたちがやり、心がまえは十分です。

まかせてください、僕らに!

d0238083_15503888.png

みんな本当に、よく働きます。

d0238083_15530008.png
こちらも年々腕を上げる、女の子チーム。

d0238083_15545762.png
だけど… 涙が出ちゃう!
だって玉ねぎがしみるんだもん!

d0238083_15574581.png
「そういうときには、コレっすよ!」

d0238083_15594506.png
必殺ゴーグル技も使い、玉ねぎの難関も乗り越え…
たくさんのおいしい料理ができました!

「オレたちの味、食べてくれよな!」
d0238083_16023205.png

ウフフフフ…
おいしい…
d0238083_16285412.png
自分たちで作るようになると、みんな味わって大事に食べるようになった気がします。
d0238083_16312010.png



 【ふたごちゃんと赤ちゃん。】 

一昨年、たこキャンの音楽イベント「うたがたり」に出演してくださった、シンガーソングライターの石田裕之さん。そのご縁で、毎年須磨の宿舎にご家族であそびにきてくださっています。
石田ファミリーのふたごちゃんの成長を、リピーターの子たちは楽しみにしています。今年は、あらたに赤ちゃんも仲間入り!

「かわいい…」「わあ、大きくなったね~」
みんな夢中です。
d0238083_16433454.png

そうっと、そうっと。
男の子たちの、このやさしいしぐさ。

d0238083_16452110.jpg

すっかり仲良し!

d0238083_16443598.png
石田さんご夫妻、お忙しい中&暑さの中、かわいいお子さんたちとの貴重な時間をありがとうございました!

d0238083_16583256.png


昨年に続き、地元自治会の方たちが、たこキャンの子どもたちを花火の集いに招いてくださいました。

d0238083_17033167.png
やっぱり夏の夜は花火。
みんな光を見つめ、じっくりと楽しんでいました。
d0238083_17034963.png

次回は、須磨水族園や自然観察に出かけたことなど、引き続き須磨での日々をレポートします! 更新をお楽しみに。


[PR]
by takocamp | 2017-08-16 21:31 | たこ焼きキャンプ2017 | Comments(0)
2011年、東日本大震災による福島第一原発事故を受けて、被災地の子どもたちに夏休みだけでも放射線の心配のない地域でのびのびと遊んでもらおうと立ち上がった、保養キャンプ《たこ焼きキャンプ》。
7回目の今年も、福島から23人の子どもたちを迎え、神戸市~姫路市で7月29日~8月9日の日程をこのほど終了しました。

今年のたこ焼きキャンプの様子を、これから6回に分けてレポートしていきます。
第1回目は、「福島から兵庫へ!」
子どもたちにとって、福島県と兵庫県の距離感は、とても大きなものです。人生初の長旅、そして長期間親元を離れての大冒険になる子も、少なくありません。

今回、リピーターの上級生は小さな子や初参加の子をしっかりと見守り、キャンプ初日の長い行程をみんなが笑顔で乗り切りました。一日がかりの旅路をご覧ください。




 【キャンプスタート! 福島からの旅立ち】
 

7月29日朝、郡山駅。
迎えのマスターのもとに、パープルのたこTシャツの子どもたちが集まりました。
これから12日間、家族と離れての生活がはじまります。

d0238083_15411037.png

ベテラン上級生が、たこキャンの旗を持ってしっかりと先導!
郡山駅から東北新幹線に乗り込みます。

d0238083_15490060.png

やまびこ車中。それぞれ、どんな気持ちでいるのかな?

d0238083_15512116.png

今度はマスターが旗を持って。「さあ東京駅着いたぞー」

d0238083_15525281.png

人波で混雑した東京駅での乗り換えも、無事成功。

d0238083_21023046.png

参加する子どもたちの関係も、参加者ミーティングから始まって、ここから深まっていきます。

d0238083_16071226.png

東海道新幹線を待ちながら。
「たこキャン楽しみ~♪」
ワクワクとキラキラが伝わってきます!

d0238083_15543376.png
東京→新神戸、のぞみ車中。
ほどほどににぎやかに、節度ある乗車態度でした~
みんな参加者ミーティングでのマスターの話、ちゃんと考えてくれたんだね。
d0238083_16155842.png
「いよいよ新神戸に着いたよ~」
新神戸駅ホームにて。
なんだかもう、ほっぺもピカピカ!うれしくって!な2人。

d0238083_16163164.png

大好きなボランティアさんたちが迎えに来てくれていました。

d0238083_16170224.png
元気だった?
背、のびたね~!

d0238083_16173323.png

神戸市営地下鉄に乗り換えて…

d0238083_16180596.png
何が見えるんだ?

d0238083_16183918.png

さらに、山陽電車に乗り換えて。
「いえーい♪」まだまだ元気、元気。

d0238083_16191332.png


須磨寺駅に到着~!
ここでもスタッフやボランティアさんがちが出迎え。

d0238083_16200628.png

「やっと着いたぞぉ~」
マスター、安堵の表情です。

d0238083_16215832.png


「元気にしとったか?」
一年ぶりの再会も。
d0238083_16223036.png


工場長もハイタッチでお出迎え。

d0238083_16230223.png


宿舎の準備をしてくれていたボランティアさんたちが、歓迎のポスターを描いてくれていました。

d0238083_16233986.png


到着~!
みんな、お疲れさま~!
郡山を発って7時間、よくがんばりました。

d0238083_16243306.png

荷ほどきもそこそこに、これからの予定などのミーティング。
大広間にみんなそろいました。

d0238083_16252164.png

d0238083_16255478.png

さあ、ボランティアさんの心づくしの晩ごはんを食べて!

d0238083_16263611.png

お風呂に入って、お布団敷いて!

d0238083_17070695.png

明日の海にそなえて、浮き輪もふくらませて!

d0238083_16284006.png


歯磨きもちゃんとして!

d0238083_16281008.png

おやすみなさい。

こうして長い道のりをはるばるとやってきた、たこキャンの子どもたち。
次回からはキャンプ中のいろんなこと、たくさんお伝えしていきます!


[PR]
by takocamp | 2017-08-15 17:17 | たこ焼きキャンプ2017 | Comments(0)
7月29日から8月9日までの12日間、神戸~姫路でおこなわれた2017年のたこ焼きキャンプ。
すべての日程を終え、無事終了しました。
途中、残念ながら体調不良で帰った子がひとりいましたが、その子も含め23人のたこキャンキッズが、期間中のさまざまな思い出を胸に抱いていることと思います。

今年もたこキャンを応援し、支えてくださったすべてのみなさま、本当にありがとうございました!
キャンプの様子は、数日後からこのブログにアップしていく予定です。どうぞお楽しみに!

期間終了直前に取材を受け、神戸新聞にたこ焼きキャンプの記事が掲載されました。↓こちらをクリックしてご覧ください。



[PR]
by takocamp | 2017-08-11 15:21 | たこ焼きキャンプ2017 | Comments(0)