明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

昼食をはさんで、たこ焼きキャンプ公開学習会、第二部の始まりです。
第二部「たこキャン3年目にむけて~原発事故被災地の子どもたちと向き合ってきて」

たこ焼きキャンプも今年で3年目。
がむしゃらに立ち上げ、怒涛の勢いでやり切った1年目、最初の熱さを保ちつつ、また新たな試みをした2年目、そして今年は…? 
震災の衝撃が薄れ、被災地へ向ける人々の思いも次第にさめていることを実感するこの頃。
被災した場所に暮らす子どもたちを招く保養キャンプの役割は、むしろますます重要になっていると感じています。
第二部では、岡山で避難者支援とともに保養キャンプにもかかわっておられる、はっとりいくよさんとマスターこと小野との対談の形で、これからの保養キャンプについて考えました。お話の要旨を掲載します。

d0238083_2222814.jpg



避難者として、支援者として

【はっとりさん】   私は震災のとき東京に住んでいました。地震のすさまじさとともに、東京のパニックぶりを見て、もしもう一度同じくらいの地震が起きたら、東京から脱出できなくなるのではと実感しました。
原発については一応の知識があったので、事故直後からツイッターで危険を発信し続けました。
家は(放射線対策で)目貼りし、いろんなことに気をつけつつ、子ども第一にふだん通りの生活をこころがけました。春休みに名古屋の夫の実家に避難したときは、母子で口内炎だらけ、発熱、鼻血も止まらず、名古屋でも毎日飲むもの食べるもの総チェックで気持ちの休まることがなく、不安だらけでした。
夏休みに岡山に避難し、ほっとしたものの、一週間くらいは不安が抜けず何でもチェックする習慣がとまりませんでした。東京に家族や友人を残してきてしまったという思いはずっとあります。
私はいろいろな活動をして動いてきたので、まだ気持ちがまぎれているところがありますが、避難しているお母さんたちは生活のこと、お金のこと、さまざまな悩み、不安でいっぱいです。
私も避難当時の精神的なつらさは、今でも思い出したくないほどです。ともかく子どものことを考えて、どう行動するかを決めるしかありませんでした。
d0238083_2232236.jpg

岡山に避難してきている人は非常に多くて、総務省に登録されているのは950人ほどですが、ある地域で避難してこられている方10人にお聞きしたら、避難者として登録している方は1人しかいませんでした。ですから、もっとたくさんおられると思います。
岡山は行政も避難者支援に力を入れていて、避難者自身が立ち上げた「子ども未来・愛ネットワーク」など、いくつもの民間団体が行政とも協力しながら活動しています。
第一部でお話しした「原発事故子ども・被災者支援法」についても、この1月に岡山でフォーラムを開き、復興庁の担当者を呼んで対話の場を開きました。
(注:ちょうどこの日、朝日新聞で岡山の避難者支援が一面で紹介されていました。こちらをご覧ください



保養を通してつながる

【マスター】   たこ焼きキャンプのスタッフも含め、この5月に「南会津交流会」を開きました。これは関西にたくさんできている保養キャンプ団体と、福島周辺の親子とが出会い、お互いに意見を出し合って今後の保養について語り合おうという交流会だったのですが、非常に盛況で、たくさんの意見が出されました。今日は資料として、その話し合いの記録をみなさんにお配りしています。
これを読むと、現地では放射線の心配を口に出せない雰囲気があり、苦しんでいる親御さんが多い。その一方で、つながりを広げ、被ばくについての勉強会をやったり交流したりと活動している親御さんもいることがわかります。

【はっとりさん】   ちょうど、いわきと二本松の保養相談会に行ってきたばかりです。やっぱり、顔と顔を合わせて話すということは大事ですね。何度も相談会に行くうち、顔見知りの方も増えますし、こういう場の必要性を感じます。
最近、山形県などから数千人規模の避難者が福島県内に戻ってきていることがわかり、そのお母さんたちから、関西の安全な野菜を買いたいという声が出ています。数人のお母さんたちがグループを作って、野菜を購入する動きも出ています。現地にあるこういう小さなグループをサポートしていくことが、これから大切だと思います。

【マスター】   福島に行くと、毎日ラジオで天気予報のあとに、あたり前のように各地の放射線量を伝えていますよね。そんな中で、ふつうの生活が営まれている。今も、保養の存在自体を知らない人もいる。

【はっとりさん】   必要なところに、情報が行っていないんですよね。
岡山県は「福島県の子どもたち元気回復事業」というのを教育委員会がやっていて、同じようなものは去年まで長野県にもあったんですが、今は岡山だけだと思います。これは、福島県の親子なら誰でも、県内にいても避難していても、岡山の宿泊施設に食事代も込みで無料で泊まれるんです。
岡山県内では、津山市も「ふくしまっ子 津山でのびのび元気事業」という、やはり市内の宿泊施設が無料になるというのを教育委員会がやっています。
(「福島県の子どもたち元気回復事業」の内容はここをクリック、「ふくしまっ子 津山でのびのび元気事業」の内容はここをクリックしてご覧ください)
d0238083_2244599.jpg




保養を続けていくために必要なこと

【マスター】   「南会津交流会」のアンケートで、あるお母さんからずばりと「いつまでキャンプを続けていただけますか」という質問がきました。保養に出す側からすれば、いったいいつまでやってもらえるのか、というのは切実な問題です。一方で、保養キャンプをやる側は1年ごとにとにかく必死でやっている。資金繰りも大変です。

【はっとりさん】   たとえば保養キャンプに行って、そこで何か不満があったり、食に関して不安があったりしても、「してもらっている」立場として、その場では直接言いにくいんですよね。だから現地に戻ってから周りに言ってしまう。
こういう問題を解決するには、保養についての相談センターのようなものがあればいいと思います。保養選びで、いつも心が休まらないお母さんもいます。また、中にはクレーマー的な人もいる。いろいろなケースにきめ細かく対応できるような相談センターがほしいです。

【マスター】   保養キャンプのこれからでいえば、田舎に夏休みに来てゆっくりしてもらうような、例年キャンプにしていくのが理想です。

【はっとりさん】   そうですね。10年20年と縁をつないでいくために、リピーターも大切にしたいです。とはいえ、そう思ってリピーターを待っていたら来なかったりするんですけど。(笑)

【マスター】   1年目、最初のたこ焼きキャンプのとき、結果的に申し込みが殺到して全員を受けいれられなかった。そのときの罪悪感がずっと残っていて、保養に来る親子と少しでもいい関係を作り、できるだけ多く受けいれたいと思っています。

【はっとりさん】   子どもだけ保養に出している場合、お母さんはずっと現地にい続けていて、いろんなことにがんじがらめになっていることが多いです。岡山に保養に来られた郡山のお母さんが、「もう郡山で被ばくの心配をしてるのは私だけだと思ってました」と涙されたことがあったんです。
できればお母さんも保養で外に出てみて、いろいろな気づきをしてほしいです。

【マスター】   そうですね。一度、外から客観的に見てもらう機会としても大切だと思います。

【はっとりさん】   「南会津交流会」の記録の中に、「福島の子どもたちにどう生きていってもらいたいかを考えている」という意見がありましたが、原発事故そのものはつらいことですけど、新たな人と人とのつながりを作って、これをプラスにしていきたいです。
そして、保養で県外に来ることで、避難への道すじができればうれしい。「避難は考えていません、保養だけ」と言っていたお母さんが、岡山に保養に来て変わったんです。その方は結局、親子で移住してこられました。
「支えてもらってもいいんだ」「本音を言っていいんだ」そう思えるようになって、何年かかっても心が動く可能性はある。決して無理強いせず、その人、その家族の選択を第一に、関係を作っていくことが大切だと思います。
今、たこ焼きキャンプのような保養キャンプが積み上げている実績は、支援法がきちんとできたあとも、モデルケースとして大切なものです。たこ焼きキャンプの活動をいつもすばらしいなと思って見ています。これからもつながりあってやっていきましょう。

d0238083_22334132.jpg

対談のあと、参加者の自己紹介をかねた質疑応答などがあり、終始なごやかな雰囲気で第二部も終了しました。
今回、参加者の中に福島県や北関東から避難されている方が複数おられ、ここで初めて出会われるという出来事もありました。


ご自身が避難者であり、母であり、同時に支援者であり、保養にもかかわっておられるという多角的な経験をお持ちのはっとりいくよさん。
常に前をしっかり見すえた、しなやかな聡明さを感じさせる方でした。そして一緒にお話ししていると元気になる、そんなパワーを発する女性でした。
お子さんたちを預けて岡山から来ていただき、貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。
はっとりさん、本当にありがとうございました。
そして、お忙しい中、公開学習会に足を運んでくださったみなさんにも、心からお礼を申し上げます。
[PR]
by takocamp | 2013-06-21 22:36 | たこ焼きキャンプ2013 | Comments(0)
6月16日、明石市生涯学習センターにて、たこ焼きキャンプの公開学習会を開催しました。
講師に岡山からお迎えしたのは、はっとりいくよさん。
はっとりさんは震災当時は東京在住。まだ小さかったお子さん二人を連れ、岡山に避難してすぐに、避難者支援の活動を開始されました。
「放射能から子どもを守る全国ネットワーク」を立ち上げ、原発被災地から岡山への避難をサポートするとともに、「311受入全国協議会」などで全国の支援団体をつなぐ活動もエネルギッシュに展開されています。
公開学習会は午前中に第一部、午後に第二部がおこなわれ、マスターこと小野が進行役を務めました。
d0238083_16393744.jpg

公開学習会、第一部は「原発事故子ども・被災者支援法について知ろう」
「原発事故子ども・被災者支援法」は昨年6月、与野党超党派の議員による議員立法で、国会で成立した法律です。(条文はこちらをクリックしてごらんください
この「支援法」は東京電力福島第一原発の事故によって被災した子どもや住民に「避難の権利」を認め、その健康や生活を支えることを目的に作られた画期的なものです。
しかし、この法律自体が一般にあまり知られていないだけでなく、法律の中身である具体的な施策がなかなか決まらないまま、立法以来一年が過ぎようとしています。そんな中、復興庁で「支援法」に直接かかわる官僚が、ツイッターで被災者や議員に対する中傷を繰り返していた問題が起きたばかりです。

第一部では、はっとりさんに「原発事故子ども・被災者支援法」についての解説と、この法律をめぐる動きについてお聞きしました。
(はっとりさん、今年のたこキャンTシャツを着てきてくださいました!よくお似合いです)
d0238083_16435229.jpg


(以下、はっとりさんのお話です)

すりかえられようとしている「基本方針」 

昨年6月にこの「支援法」が成立してから、具体的な中身について復興庁に対して被災者・避難者の要望を届けるため、何度も上京して陳情してきた。復興庁の担当者に避難先に来てもらい話し合うという試みもした。
しかし、支援法の「基本方針」が決まらないまま政権交代があり、この法律を支える議員連盟から自民党議員が抜けてしまった。そして、「基本方針」ではなく別の「パッケージ」(『原子力災害による被災者支援施策パッケージ~子どもをはじめとする自主避難者等の支援の拡充に向けて~』)が今年3月に発表され、この「パッケージ」ができたので支援法による具体的施策は必要ない、という動きが作られつつある。
「パッケージ」には被災をさまざまに狭く限定し、現状維持を正当化する内容が多く、非常に問題。そしてそんな中で例のツイッター事件が起きた。
しかし、3月・6月の全国自治体の議会で、支援法の「基本方針」を早期に成立するべきだという意見書が数多く出されている。岡山でも県に対して、「基本方針」の早期実現を求める陳情書を出した。



支援法の基本理念、そして問題点

「原発事故子ども・被災者支援法」には二つの基本理念がある。

基本理念1 「避難の権利」を認めた
被災者がそのまま現地に住み続ける権利、避難する権利、避難先から帰る権利、そのいずれもを認め、それを支援すると定めた。このことが明文化されたことは希望。
ただし、これを実際におこなうためには、多岐にわたる施策が必要となる。すでにこの問題については、多くの人と人との分断が起きている。理念だけでは解決しない。

基本理念2 健康被害の未然防止と医療費の減免
画期的な部分は、被ばくと疾病との因果関係の立証責任を、被災者が負わないという点。
広島・長崎の原爆でも、水俣病でも、被災の立証を被災者自身がしなければならないことが大きなネックとなってきた。この違いは非常に大きい。
問題点としては、
①子ども(胎児を含む)への放射線量を低減する、妊婦も含め健康のため特別な配慮をする、という内容が書かれているが、対象にもれが生じないようにどこまで範囲を限定するか、いつまで医療費を無料(または減免)するか、など明確な規定が必要。
②支援対象になる地域として、福島県内は無条件に対象となり、県外でも空間線量が年間1ミリシーベルト以上なら対象地域となる。しかし、空間線量だけが基準となるのはおかしい。土壌汚染もきちんと考慮する必要があり、事故直後のヨウ素被ばくなどについても、福島県外であっても北関東や宮城県など個別のケースを入れる必要がある。



ここが問題、「パッケージ」 

さきほど、支援法の「基本方針」に代わって出された「パッケージ」(『原子力災害による被災者支援施策パッケージ~子どもをはじめとする自主避難者等の支援の拡充に向けて~』)について触れたが、さらにくわしく見ていきたい。(『パッケージ』の内容はここをクリックしてご覧ください)
d0238083_16404462.jpg

まず、「パッケージ」の中で、すぐに実現しそうな部分。
①避難者を対象とした高速道路の無料化
これについては、母子で遠方に避難しているケースを考えると、お父さんが住んでいる被災地から妻と子どもに会いに遠距離を車で往復するのは非常に大変で、疲れて子どもと触れ合う時間も作れない。高速道路の無料化が、現実的にそれほど多くの避難者の助けになるとはいえない。
②子どもの室内遊び場の確保
これは《ハコモノ》を作るということで行政は得意分野。安全な遊び場が増えることはよいが、これが子どもたちを放射線量の高い被災地にとどめる口実となる危険がある。

「パッケージ」には支援法の理念がふまえられておらず、避難については具体的にほとんど書かれていない。中身の方向性が支援法とずれているにもかかわらず、これが《復興策》として使われる可能性がある。支援法の「基本方針」とはまったく異なっているという陳情を出したが、とりあわれない。



ツイッター事件は、いいきっかけ

支援法の中身は、各省庁に管轄が分かれており、そのひとつひとつの内容について、こちらは多くの省庁と交渉していかなければならない。まとめ役として復興庁があるわけだが、そこに今回のツイッター事件が起きた。
これを個人の問題として、マスコミのお祭りのように終わらせてはいけない。問題の本質を見てもらいたい。ツイートした官僚は、比較的真面目な対応であちこちを飛び回り仕事をしていた人。彼だけに問題があるのではなく、支援法にかかわる行政すべての姿勢が問われる。

「基本方針」が決まらないまま、すりかえがおこなわれようとしているこの頃では、支援法をすすめる活動をしている団体の中では「《『基本方針』を決めるための法律》を決めなければいけないのでは?」という話も出るほど。
次の参院選で支援法のこともどう動いていくか不安だが、ツイッター事件は一般の人に支援法を知ってもらえる、いいきっかけになったと思っている。

d0238083_16412571.jpg

続いて、参加者に質問を兼ねた自己紹介をしてもらいました。
参加者には、福島県内から明石周辺に避難・移住してこられた方も数人いらっしゃいました。
その中での、はっとりさんのお話を要約します。


私も避難者として、プライバシーを露出してきたので嫌な思いをすることも多い。避難者は、政治的に利用されたと感じることも時にはあると思う。だからといって対立するのではなく、対等な立場をこころがけていくことが大事。権利を主張してたたかうだけでなく、いろいろな形でやっていく必要がある。

福島県からは北海道や山形・新潟へ、北関東・東京からは西日本へ、という別方向の避難の流れがあり、大きく分かれている。それらをつなぐためにも「311受入全国協議会」などの機関がある。
今、避難者の中にはさまざまな深刻な問題も起きている。長く家族が離れていることにより、経済的、精神的なきしみが出てきている。避難者は追いつめられている。支援法の具体化を早く進めてほしい。
d0238083_16472163.jpg

たこ焼きキャンプのような保養の活動が、避難を進める邪魔になるのではないか、という声もあるが、そんなことはない。保養の対象は避難できない被災者であり、支援法がきちんと具体化すれば、保養にも予算がつく。体験的にも、保養は避難にもつながっている。

大きな集まりよりも、こういう小さな集まり、つながりで話す方が、思いが通じることが多い。
みなさんに言いたいのは、何ごとも情報を明らかにすることがまず大切だということ。その上で、それぞれの人の立場、意見、自由を守ることが必要。(逃げる/逃げない、食べる/食べない、戻る/戻らない、などすべてにおいて)


第一部はこれで終了しました。
「原発事故子ども・被災者支援法」について私たちがあまり知らなかったことを痛感し、はっとりさんのわかりやすいお話で、具体的な問題点がよく見えるようになりました。
硬い話題にもかかわらず、はっとりさんの終始気さくで、ポジティブなお話しぶりが印象的でした。

(次回、第二部に続きます!)
[PR]
by takocamp | 2013-06-20 16:49 | たこ焼きキャンプ2013 | Comments(0)
お待ちかね、今年のたこキャンTシャツ、できあがりました!
現在「作業所ほのぼの」さんをお借りして、Tシャツの袋詰めとタグ付け作業をおこなっています。
d0238083_19292032.jpg


今年のカラーは、さわやか&あざやかライムグリーン!
もちろん出崎画伯のイラストで、バックは姫路おでんを持ったたこ、胸には姫路城を目指して雲に乗るたこが描かれています。
d0238083_19225640.jpg


今年も各サイズ2000円で販売し、その半額がキャンプへの募金になります。
HPでも紹介しています! ぜひここをクリックして、「着る支援」コーナーをご覧ください。
[PR]
by takocamp | 2013-06-18 19:27 | たこ焼きキャンプ2013 | Comments(2)
たこ焼きキャンプ2013〈今年は姫路も!たこひめキャンプ〉、一般申込みも含めた参加者がこのほど決定しました。
幼稚園児から中学生まで、今年も30人以上の子どもたちが福島県から明石と姫路にやってきます。
ボランティアの募集も始まっています!ぜひみなさんの力を貸してください。
くわしくはたこ焼きキャンプホームページ(ここをクリック)をご覧ください。

いよいよ本格化してきた準備作業。今月はキャンプを前に、下記の企画も予定しています。



◆たこ焼きキャンプ公開学習会のご案内◆

今年の夏休みのキャンプ実施に向けて、また、今後の原発事故被災地の子どもたちの健康を守る取り組みを考えていくために、以下のような学習会を企画しました。
ぜひおいでください。

とき:6月16日(日)
第一部 午前10時~11時30分 
「原発事故被災者•子ども支援法について知ろう」 

場所:明石市生涯学習センター和室  (明石駅下車3分、アスピアあかし内)  078-918-5618

講師:はっとりいくよさん (放射能から子どもを守る全国ネットワーク、関東から岡山への避難者)

第二部 午後1時30分~午後4時 
 「たこキャン3年目にむけて~原発事故被災地の子どもたちと向き合ってきて」 
場所:明石市生涯学習センター学習室2A

対談:はっとりいくよさん&たこキャンマスター(小野)
その後、参加者の思いの分かち合い、今年のたこ焼きキャンプの概要の説明あり。
※ボランティア希望の方、たこ焼きキャンプをご支援くださる方は、ぜひ第二部にご参加ください。

第一部、第二部ともに参加費500円(子どもと避難者は無料)

第一部  「原発事故被災者•子ども支援法について知ろう」について
…昨年の国会で、原発事故被災者と子どもたちのために画期的な救済の法律が超党派、全会一致で成立しました。しかし、この法律による具体的な施策はまだまだこれから決まっていく段階で、現政権から提示された内容も、全く不十分なものでしかありません。保養キャンプについての施策も可能な枠組みが示されていますが、遠隔地の保養への助成などを実現するには、粘り強い働きかけが必要です。
岡山で支援法についての活動をしてきている、はっとりいくよさんにお話いただき、支援法そのものだけでなく、その施策の実現に向けた現状などもお聞きしたいと思います。
保養に取り組んでいる方たちをはじめ、関心を持つ方たちに参加を呼びかけます。

第二部  対談「たこキャン3年目にむけて~原発事故被災地の子どもたちと向き合ってきて」について
ご自身が避難者でもあり、早くから子どもたちの避難や保養について情報を発信し、「311受け入れ全国協議会」の活動にも参加、避難先の岡山で避難者支援の活動などにかかわっている、はっとりいくよさんと、たこキャンマスターこと小野洋が、現在の福島をはじめとした原発事故被災地の親子の置かれた現状や、今後子どもたちのために求められている活動について語り合います。
また、3年目を迎えたたこ焼きキャンプを目の前にして、関わってきたスタッフやボランティアの思いも交流したいと思います。

問い合わせ 小野 090-9871-1419
        ramichubunkou@ybb.ne.jp
[PR]
by takocamp | 2013-06-13 01:45 | たこ焼きキャンプ2013 | Comments(0)
今年のたこ焼きキャンプ、参加者募集についてのお知らせです。


たこ焼きキャンプ2013の内容については、こちらをクリックして、HPをごらんください!
今年はリピーターを優先することになり、すでにリピーターの参加希望はお聞きしています。
まだ定員に若干の空きがありますので、一般の参加申し込みも受け付けることになり、申し込み要項が決まりました。
申し込み受付期間は下記の2日間となります。
これ以外の日は受け付けることができませんので、参加希望の方は気をつけてお申し込みください。
申し込み受付方法は、メールのみとなります。
また、事前のお問い合わせは、下記のアドレスにメールいただくか、090-5805-2107までお電話ください。


〈明石であそぼう!たこ焼きキャンプ~今年は姫路も!〉
一般参加申し込み概要


●キャンプ期間:2013年7月28日(日)~8月11日(日)
(出発日のバスは朝6時ごろ福島市を出発し、郡山市でも乗車していただく予定です。福島への帰路は新幹線を利用する予定です。)

●キャンプ実施場所:明石市立少年自然の家/姫路「淳心の家」

●定員:約35名

●対象:福島県および放射線量の高い地域に居住する小中学生、乳幼児とその保護者

●参加費用
子ども、親子とも、交通費、宿泊費、食費を含めたキャンプ実施費用のうちの自己負担一人3万円
   (乳幼児無料・きょうだい割引あり。非課税世帯については半額)

★申し込み受付日時 6月7日(金)朝7時~6月8日(土)夜12時まで
(申し込み受付はこの日程のこの時間帯のみです。それより前または後にメール送信されても受付はできませんのでご注意ください。)

★申し込みアドレス  takocamp@gmail.com

★申し込み方法 
  ○メール1通につき、一家族のみ受け付けます。
 ○友人等は、別途に一家族ごとにメール申し込みが必要となります。
  ○メールは「たこ焼きキャンプ参加希望」とした上で、以下の要件を書いてご送信ください。
  

◎参加希望人数  

◎参加希望者ひとりずつの       
     ①氏名(ふりがなも) ②年齢  ③学年(子どものみ)④性別

◎〒と住所
 
◎携帯電話番号
 
◎保養団体主催のキャンプの参加経験
(1泊~2泊の短期保養に○回、3泊以上の長期保養に○回参加、と具体的にお書きください。キャンプ名の記載もお願いします)

◎たこ焼きキャンプへの申込みにあたり、伝えたいことがあればご自由にお書きください。




申し込み受付後、希望者が定員を上回った場合は選考をおこないます。
選考については、これまで保養に出ることが難しかったり、保養についてあまり知らなかったりするご家庭の参加を促したいという理由から、できるだけ長期の保養キャンプ経験の少ないお子さん・親子を優先します。

選考の結果については、6月12日より、申し込まれた方全員にメールにて通知いたします。
また、参加者決定後、6月30日(日)に福島市内と郡山市内の二か所で参加者ミーティングをおこないます。
参加者ミーティングには極力ご参加ください。
[PR]
by takocamp | 2013-06-01 23:55 | たこ焼きキャンプ2013 | Comments(0)