明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:たこ焼きキャンプ2015( 24 )

(5月19日夜・追記)
下記、今年のキャンプ一般募集受付は、5月19日(火)定員に達したため終了させていただきました。ご了承ください。

新緑の美しい季節となりました。
たこキャンスタッフは現在、6月のライブ&トークイベント「うたがたり」に向けて、そして夏のキャンプ本番に向けての準備をはじめています。

さて、今年のキャンプについてのお知らせです。
たこキャンはリピーターを大切にする方針から、継続しての参加者を優先していますが、現在、キャンプの定員までにまだ若干名分の空きがあります→定員に達したため募集は終了しました。
そのため、5月18日(月)より下記の要領で一般募集の参加申し込み受け付けをおこないます。
受け付けは先着順とし、定員に達した段階で終了させていただきますので、参加希望の方はお早めにお申し込みください。
また、ご質問等ありましたら、お気軽に下記のたこ焼きキャンプアドレスにお問い合わせください。

◆たこ焼きキャンプ2015◆
●期間 7月25日(土)~8月6日(木)
●宿泊場所 兵庫県神戸市内(7月25日~30日)/ 姫路市・カトリック淳心の家(7月30日~8月6日)
●対象:福島県および放射線量の高い地域に居住する小中学生、乳幼児とその保護者
●定員:35名(今回の一般募集は残り若干名です
●参加費:1人3万円(きょうだい参加は5千円引き、非課税世帯は半額)

※今年のキャンプについては、キャンプ参加者の会である「たこ焼きキャンプFUKUSHIMA」との協働で行う関係上、キャンプに参加するためには、「たこ焼きキャンプFUKUSHIMA」に事前に入会していただく必要があります。キャンプ参加費とは別に、会の年会費500円の支払いが必要ですので、ご了解ください。


《一般募集参加申し込み》
◆申込受付期間 5月18日(月)夜8時~ ★先着順。5月末日までを受付期間としますが、定員に達し次第締め切りますのでご注意ください→終了しました
◆申し込み方法 
たこ焼きキャンプ事務局 takocamp@gmail.com あてに、以下の必要事項を記入したメールでお申込みください。
(タイトルに「たこ焼きキャンプ参加希望」と明記してください)

・キャンプに参加希望のお子さんの氏名・学年
・保護者氏名
・郵便番号と住所
・保護者携帯電話番号
・保護者携帯メールアドレス(お持ちであればパソコンアドレスも)

≪参加者ミーティングのご案内≫
キャンプに向けた参加者ミーティング(説明会)を下記の要領でおこないます。参加希望の方には、原則的にこのミーティングへの、親子でのご参加をお願いしています。
○日時 6月14日(日)午後1時~4時  
○場所 福島市アクティブシニアセンター A・O・Z(アオウゼ)
福島市曽根田町1番18号 MAXふくしま4階(☎024-533-2344)
(福島駅東口より徒歩10分 。車の方は、MAXふくしま駐車場利用)
○参加者ミーティングの時間は午後からですが、午前中(10時~)には子ども有志による「中だこ会議」(子ども実行委員会)も行う予定です。希望者はこちらもご参加ください。
[PR]
by takocamp | 2015-05-14 14:23 | たこ焼きキャンプ2015 | Comments(0)
関西も急に初夏の陽気につつまれるようになりました。
今夏のたこ焼きキャンプの準備も、そろそろ始まっています。

さて今日は、6月に開催する、たこキャン初のライブ&トークイベントのご案内です!

これまで、毎年6月ごろに夏キャンプのキックオフとして、たこキャン主催の講演会や学習会などをおこなってきましたが、今年はちょっと趣をかえて、音楽を中心としたイベントを企画しました。
先日もこのブログでお伝えしたように、東日本大震災発生以来、ずっと被災地支援を続けておられる神戸在住のシンガーソングライター・石田裕之さんにメイン出演していただく予定です。
《うた》を通してさまざまな人生の《ものがたり》を伝えるという意味で、今回のイベントを「うたがたり」と名づけました。
心にまっすぐ届く石田さんの歌声と、被災地の現状を伝えるお話をぜひ聞きにいらしてください!
当日は、福島にゆかりのあるアーティストさんや、たこ焼きキャンプFUKUSHIMAの保護者にも、福島からお越しいただき、お話をうかがう予定です。
d0238083_16175554.jpg
みなさんの周りの方にもぜひ声をおかけいただき、6月7日の「うたがたり」にお越しください! 
お待ちしています。
[PR]
by takocamp | 2015-04-25 16:34 | たこ焼きキャンプ2015 | Comments(0)

協力者お花見@ふくふく

関西は一気に桜が満開となりましたが、降ったり曇ったりとあいにくの空模様。
そんな中、須磨の家ふくふくにて、たこキャンをいつも支援し、協力してくださる方たちをお招きして、ささやかな花見の集いをおこないました!

ふくふくの庭の桜、みごとな大木です。
まさに満開!
d0238083_2382776.png

その下で草取りをする管理人さん、いつもご苦労さまで…
と思ったら工場長!お疲れさま!
d0238083_2310155.png


第1回のキャンプからずっと食材を提供してくださっている方、毎年ボランティアに来てくださっている方など、さまざまな形でたこキャンにかかわってくださる支援者のみなさんにお集まりいただきました。
d0238083_23193937.png

まずは、それぞれの方のたこキャンとのつながり、たこキャンへの思いを自己紹介とともに語っていただきました。みなさんの熱い思いが胸にしみます。
次に、今年の夏のキャンプの日程や、昨年末設立した「たこ焼きキャンプFUKUSHIMA」について、そして先日郡山で開催した「春休み中だこ会議&保護者会」の報告などをマスターから。
6月の音楽イベント「うたがたり」など、今後の活動予定についてもお話しさせていただきました。
d0238083_23211421.png
中だこ会議で使った自作紙芝居を見せるマスター、うれしそうです~

会合のあとは、庭の桜のもとでいよいよお花見!
かんぱ~い。いつもありがとうございます!今年もどうぞよろしくお願いします!
d0238083_23262955.png

次はぜひ、6月7日の音楽イベント「うたがたり」にお越しください!
「うたがたり」についてのお知らせは、次回このブログに掲載します。
[PR]
by takocamp | 2015-04-05 23:28 | たこ焼きキャンプ2015 | Comments(0)
3月29日、郡山市内にて「春休み中だこ会議&たこキャン保護者会」が開かれました!

たこキャンスタッフ3名が前日から郡山入り。
おいしい居酒屋さんなど発見した翌朝、会場へ向かいました。
集まったのは、中だこ(たこキャンリピーターの中で、今年のキャンプ運営メンバーになりたい子たち)12名、保護者9名。12月の同窓会以来3か月ぶりの再会です。

では、「春休み中だこ会議」の様子を、スタッフみーこさんの報告と写真をもとにお送りします!
d0238083_12562140.jpg
はじめて参加する子もいたため、まずは自己紹介ゲームでみんなでスキンシップ。
そのあとマスターから、
「思い出したくない人もいるだろうし、小さくて覚えてない人もいるだろうけど、そういう人は別に無理しなくていいので、地震の日のこと覚えてる人、手をあげてくれるかな?」
半分弱の子が手を上げました。

「そもそも、なんで、たこキャンに来るのか知ってるのかな?」
その後、原発のこと、放射能のこと、関西のスタッフやボランティアの人はできるだけ長く続けたいと思っていること、そのためには必要なものがあること
(「これでしょ?」と指でお金のジェスチャーをする子たちあり(笑))
そこで、助成金の説明も含め、すべてを紙芝居風にマスターが説明しました。
d0238083_131586.jpg

次に、今年の夏のキャンプのルールについて。

今回はマスターからの「お触書」とし、「ならぬものはならぬ」ということで、電子機器ゲームを一切禁止ことになりました。子どもたちも、それほど抵抗はなかった様子。
マンガ、カードゲーム、ウオークマン、デジカメはOKと決めました。
携帯・スマホを親との連絡のために持ってくる子は、キャンプ初日に預かり、帰りに返却、としました。

ボードゲームを買ってみんなで遊んでは?というスタッフからの提案があり、それぞれが考えてくることに。
みんなで遊べるように、というなら、「Wiiはいいんじゃないの?」という子どもの意見があり、これはスタッフが持ち帰り、とさせてもらいました。

そのあとは、キャンプの毎日の消灯時間、食事当番について、部屋割りについてなど、子どもたちが意見を出して話し合っていきました。
d0238083_13112921.jpg
今年のキャンプでやりたいこと…
自然体験として、
朝日を見る、釣り、ボート乗る、海水浴、イルカタッチ、六甲山牧場でポニーに乗る etc.
ほかにも、スポーツ、工作、そして今年もいろいろなお出かけがしたい! と、たくさんの意見が出ました。
よっしーの怖い話、スイカ割り、花火なども、やっぱり人気。
そして、来年に向けて募金活動して自分たちで資金を集める!という頼もしい意見も出ました。


真剣な会議のあとは、みんなでレクリエーション!
d0238083_13222295.jpg

そして、恒例になった「中だこ新聞」作り。
d0238083_13225985.jpg



一方、午後からの保護者会。
こちらは写真はないのですが、マスターからの報告をもとに紹介します。

子どもは今日の中だこ会議が楽しみなあまり、午前3時から起きていたんですよ!と話してくれたお母さんがいたり、「今年は年下の子の面倒をみる!」と子どもが宣言してくれた…というお母さんの報告があったり、スタッフにはうれしい話が続きました。

昨年末に「たこ焼きキャンプFUKUSHIMA」が設立し、「たこふく」会員はすでに21家族。
今年度の活動計画について、そして現在すでに今年の夏のキャンプに参加表明をしている子たち以外の「お友だち枠」の募集についても話し合いました。

今後の予定としては、5月には福島県内で講師を招いての学習会、6月7日の明石でのたこキャン音楽イベントに「たこふく」保護者を招くこと、6月半ばにキャンプの「参加者ミーティング」開催。そして夏のキャンプ期間中に保護者にも送迎や夏祭りなどに参加してもらうことなど、スタッフと保護者で協力しながらさまざまな活動を進めていくことになります。
また、保護者の方から、キャンプ終了後にお世話になった方たちへ親子でお礼状を出したい、という提案もあり、これも本当にうれしいお話しでした。


充実した「春休み中だこ会議&たこキャン保護者会」となりました~
集まったみなさん、お疲れさまでした! 中だこ新聞の内容については、またこのブログで紹介します。
[PR]
by takocamp | 2015-04-01 13:48 | たこ焼きキャンプ2015 | Comments(0)