明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:保養のひろがり( 8 )

2016年、新しい年となりました。
遅ればせながら、みなさんにとって心おだやかな一年でありますように。
今年もたこ焼きキャンプをよろしくお願いいたします!

さて2016年最初の更新は、関西の保養団体のつながりで先日おこなわれた、講演会の報告です。
たこ焼きキャンプ代表・マスターこと小野洋も、この講演会のよびかけ人のひとり。ほかのたこキャンスタッフも参加しました。


「ふくしまの今を生きる人々とともに、保養のこれから考える」
   ◆2016年1月16日(日) 市民交流センターひがしよどがわ◆

福島県いわき市から、NPO法人「ふよう土2 1 0 0 」理事長の里見喜生さんをお迎えしてお話をうかがいました。
最初に、よびかけ人から小野洋が開会のあいさつ。
講師の里見さんとは、昨年のたこキャン同窓会のあとでいわき市に立ち寄った際、里見さんご自身の案内で津波の被災現場や帰還困難区域を含む富岡町などを回る被災地スタディツアーのときに、すでにお会いしています。
d0238083_21314081.png


その後、里見さんのお話をじっくりと聴かせていただきました。
d0238083_21172247.png

《里見喜生さんプロフィール》(主催者資料より)
1968年福島県いわき市生まれ。1695 (元禄8 )年から300年以上続くいわき市湯本温泉の老舗旅館「古滝屋」第16代当主。
2011年3 ・11で、温泉も旅館も大きな被害を受けたが、ボランティア活動に入り、障がい児の居場所の必要性を痛感、その年の1 1月に、NPO法人「ふよう土2 1 0 0 」を設立し理事長に就任。その名前には、100年後(2100年)を視野に入れた地域づくり、人づくりのため「自分たちが有機ふよう土となる」という思いが込められている。(「ふよう土2 1 0 0 」のHPはこちらをクリックしてください)
古滝屋は震災から1年半後に再開されたが、「観光業から未来づくり業へ転職」した里見さんは、被災者復興支援事業、子育て・障がい者支援事業や、被災地を「知って、感じて、考える」浜通りのスタディツァーなどにも取り組まれている。
〈参考資料 月刊「むすぶ」2014年10月号特集:里見喜生「まず現場を見てください」〉


江戸時代から続く老舗の温泉旅館の当主である里見さんにとって、2011年の東日本大震災とそれに続く福島第一原発の事故は、人生の大きな転換点となりました。
建物が地震で被災しただけでなく、原発事故のために140人いた従業員も離散(現在は20人)。一時期は従業員ごと避難生活を送られました。小名浜港で水揚げされる新鮮な海の幸と、三世代のお客さんをもてなすことを二本柱としていた「古滝屋」さんは、津波と原発事故でそのどちらも失って廃業の危機に立たされたのです。
悩みの中で里見さんを支えたのは、繰り返しご先祖のお墓を訪ね、福島県の長い歴史の中でさまざまな苦難を生き抜いてきた先達に思いをはせる経験だったといいます。
d0238083_2225553.jpg

多くの方が亡くなり、傷つく中で、自分はたまたま生かされた人間。この地での自分の役割をはたそう、と考えた里見さんは、避難所のボランティアを皮切りに、仮設住宅へのサポート、障がいを持つ子どもと親を支えるグループの立ち上げなどを次々とおこない、2011年秋にはNPO法人「ふよう土2100」を設立します。
旅館の再建と並行して、被災地の今を多くの人に知ってもらうためのスタディツアーも開始。県外から訪れるさまざまな人に、津波の被害とともに原発災害の現実を見てもらい、考えてもらうために、いわき市周辺を案内し、語り続けておられます。

この日は、福島の美しい自然に広がる放射性廃棄物の山、除染事業の矛盾、人間関係に亀裂を生じさせる補償金問題、自死を含む原発事故関連死の現状など、福島をめぐる多岐にわたるさまざまな問題についても、写真をまじえながらわかりやすくお話ししていただきました。
d0238083_22105547.png

「この苦しみは福島で、最後に!」
里見さんは、原発災害は福島の問題ではない、全国の、そして全世界の問題だと話されました。
未来の子どもたちのためにも、自分の思いを堂々と話せる地域にしていかなければいけない、とも。

私たちがおこなっている保養キャンプの意義について、里見さんが話されていたことが印象的でした。

保養の究極の目的は、被災地の子どもたちに第二、第三のふるさとができること。
もしまた東北で大地震が起きたら、大規模な移住を余儀なくされる。逆に、関西に被害が及ぶ原発で事故が起きたら? そのときは、東北の人たちが関西の子どもたちを助けることになる。
世代を超えて、この先必ず起きる大地震を見すえ、助け合うための芽吹きが今なのかもしれない。
それが多くの人の実感になれば、たとえ自分が死んだあとであっても、未来の助けになることができる。

そのように話された里見さんの言葉の中には、深い願いと祈りが込められているようでした。

その後、関西の保養団体からの報告などもおこなわれ、夜の交流会でも里見さんたちを囲んで親交を深めました。
保養にかかわる関西のたくさんの方たち、そして被災地から移住された方や被災地を思う多くの方たちとともに、里見さんのお話を聴くことができた貴重なひとときでした。
里見さん、すばらしいお話を聴かせてくださり、ほんとうにありがとうございました。
そして主催スタッフのみなさん、お疲れさまでした!
d0238083_2238315.png

[PR]
by takocamp | 2016-01-20 22:40 | 保養のひろがり | Comments(0)
9月22日、映画「小さき声のカノン」の上映会が、東大阪市の男女共同参画センター・イコーラムで開催されました。
「小さき声のカノン」は、「六ヶ所ラプソディー」や「ミツバチの羽音と地球の回転」などで知られる鎌仲ひとみ監督の、ドキュメンタリー最新作です。
d0238083_20215026.png

原発事故後、避難せず福島で子どもたちを守りながら生きていく選択をしたお母さんたち。
事故後30年近くたっても健康被害が絶えないチェルノブイリ原発周辺で、子どもを守り続けるお母さんや小児科医。
日本での民間団体主催の保養キャンプの様子や、国費でずっと続けられているベラルーシでの長期保養キャンプの様子なども紹介されています。
(映画のくわしい紹介はこちらをクリック!)

日本でもベラルーシでも、お母さんたちは子どもを守るために勇気をふりしぼって声を上げ、行動している。
ひとりひとりの声は小さくても、その声はカノン(輪唱)のように広がり、世界を動かしていく。
鎌仲監督のそんな思いがこめられた「小さき声のカノン」。
私たち保養に携わる人間のみならず、多くの人にぜひ観てもらいたい作品でした。


上映会場のロビーに、たこ焼きキャンプもブースを出させていただきました!
d0238083_20232659.png


Tシャツ(残りわずか!)、手ぬぐい、缶バッジと、たこキャングッズを販売。
今回は、手ぬぐいが人気でした!
d0238083_20243437.png


たこキャンスタッフ兼、この上映会スタッフ・さえちゃん作の、美味しくて体にいい食べものの販売もありました。ほかにも関連本の販売など多彩なブースが出店。
d0238083_20373435.png



映画の上映後、いくつかの団体・個人のスピーチがおこなわれ、たこ焼きキャンプも参加しました。
事務局からは、保養のネットワークやたこ焼きキャンプの様子、そして保養キャンプの役割や意義についてもお話しさせていただきました。
d0238083_2040813.png


さえちゃんからは、キャンプの食についての話。
身体にいい安全な食べものをみんなで広げていきたいという思いがこもっていました。
d0238083_20453840.png


ほかにも、放射線の影響について調査されている小児科医のグループの報告、関西の放射線測定室や給食の安全を求めるグループの方のお話、福島で暮らすお母さんからの手紙の朗読など、それぞれ中身の濃いスピーチが続きました。
映画を観られた方にとって、さらにさまざまな知識を深めることができたのではないでしょうか。

大きなイベントは準備段階から開催、後の作業にいたるまで、主催側にとっては本当に大変なものですが、多くの人がひとつの作品を観るために集い交流する場を作ることは、かけがえのない財産となると思います。
「小さき声のカノン」上映実行委員会@東大阪9.22のスタッフのみなさん、ほんとうにお疲れさまでした!
そして、たこキャンもこの場に参加させていただき、ほんとうにありがとうございました!


同じ日、神戸・三宮で開催された「ハッピーマルシェ」。(HPはここをクリック!)
こちらのイベントも、売り上げをたこ焼きキャンプに寄付してくださるとのこと!
マスターが会場で、保養について&たこキャンについてお話しもさせていただきました。
こちらの方は写真がなくて残念ですが、ぜひここをクリックしてイベントの様子をご覧ください!

「ハッピーマルシェ」のスタッフのみなさんにも、心よりお礼申し上げます。
[PR]
by takocamp | 2015-09-24 21:16 | 保養のひろがり | Comments(0)
2月22日(ネコの日)、あかし男女共同参画センターにて、たこ焼きキャンプ代表・マスターこと小野洋の講演会が開かれました。
この講演会は、明石で活動する市民グループ「このゆびとまれ明石」が企画し、明石市こども基金助成事業として開催されたものです。

「福島の子どもたちと共に~311原発事故と保養キャンプ」
福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト(たこ焼きキャンプ)代表・小野洋講演会

d0238083_1404547.png

2011年の震災後、たこ焼きキャンプの立ち上げにいたる経緯や、その後のたこキャンの活動、子どもたちや親御さんたちとの交流、多くの方たちの協力を得て続けてこられたことなど、今日までの流れを解説。
そして福島の現状も含め、今後も息の長い支援が必要であることも訴えました。

また、関西や全国での保養のひろがりの様子についても触れ、先日発足した「たこ焼きキャンプ FUKUSHIMA」についても、今後当事者が主体になって保養を続けていくための大切な活動として紹介しました。
d0238083_1411154.png

あまり被災地のことや保養の活動について知らない方たちにもわかりやすい、いわば「入門編」の内容で、手前味噌ながらマスターなかなかやるな!という講演でした。
集まったみなさんは熱心に耳を傾けてくださり、講演後の交流会もなごやかにおこなわれました。

交流会で若い方からの
「これまでこういう話を聞いたことがなかったので衝撃だった。自分には何ができるでしょうか?」
という質問に対して、マスターは
「直接ボランティアや支援ができなくても、福島についての報道を見逃さず、知ること、忘れないこと」
と答えていました。

これから、またいろいろな場所でこのような《保養について、たこキャンについて、初歩から知ってもらうお話》を広げていけたらいいのでは?と思いました。
そのうち、マスターがあなたの街にもやってくるかも?

このような講演会を開催してくださった「このゆびとまれ明石」のみなさんに、心からお礼申し上げます。
お疲れさまでした!
[PR]
by takocamp | 2015-02-23 14:27 | 保養のひろがり | Comments(0)
前回お知らせした、関西の保養団体が協力して開催したイベント
「—保養がつなぐ大家族— むすんでひらく くへっついの家」
上映会とトークイベント~保養から見える福島のいまとあした~

が、1月25日・26日に淡路島・神戸・大阪の3か所でおこなわれました。
たこキャンブログでは、その中で「須磨の家ふくふく」でのイベントの様子を報告します!
d0238083_16382062.png


1月25日、淡路島・IIYO楽園での上映会のあと、夕方から「須磨の家ふくふく」に場所を移して、少人数で映画「—保養がつなぐ大家族— むすんでひらく へっついの家」を鑑賞しました。
d0238083_16331478.png
映画を観たあと、関久雄さんに自作の詩の朗読も含め、いろいろとお話をうかがいました。

d0238083_1634199.png
たこキャンスタッフ・さえちゃん作のカレーをみんなでいただきました! おいしいと大好評でした~




翌26日の午前中が「須磨の家ふくふく」での公式上映会とトークイベント。
たくさんの参加があり、「ふくふく」の大広間もいっぱいになりました。
d0238083_16451444.png
d0238083_22415474.png


まず、映画「ー保養がつなぐ大家族ー むすんでひらく へっついの家 」を上映。
この映画は、佐渡の「へっついの家」での保養キャンプの様子を記録したドキュメンタリーです。

福島からやってくる子どもたちやお母さんたち、それを迎えるスタッフ。
「へっついの家」での昔ながらの暮らしに最初は戸惑いながらも、自然の中で思いきりあそび、生活を学びはじめる子どもたち、それを見つめるお母さんたちの思い。
スタッフの中で、時には問題や対立が起きる様子も含め、それぞれの思いがありのままに映し出されています。
保養にかかわる私たちスタッフにとって「こういうこと、あるある!」とうなずく部分も多く、自分たちの活動を見つめ直したり、根本に立ち返って考えたり…と、たくさんのヒントを与えてくれる映画でもありました。
(『へっついの家』についてのくわしい情報は、こちらをクリックしてください)

この映画を製作・編集し、音楽も担当された関久雄さん。
前夜に続き「ふくふく」に来ていただき、上映後にお話をうかがいました。
d0238083_2292933.png

関さんは、まず自作の詩を数編、朗読してくださいました。
津波と原発事故で避難・移住を余儀なくされた、被災地の多くの方たち。
関さんも、ご家族が県外に避難され、ご自身は住まいのある福島、保養の活動先である佐渡、そしてご家族の避難先…とあちこちを転々としておられるそうです。
被災者という立場にたたされた苦しみや、保養の活動の中で感じた思いなど、飾らないことばで語られる詩にみなさんじっと耳を傾けていました。
d0238083_2247883.png

朗読の伴奏は、総合工作芸術家のだるま森+えりこさん。
オリジナルの楽器で美しい音を奏でてくださいました。
d0238083_22373416.png

朗読に続き、震災時の経験や福島の現状についても、関さんからお話を聴きました。
震災から時がたち、さまざまな健康不安をかかえつつ、精神的にも疲れ切っている多くの方がいる。それでも希望をうしなわずにいることが大切だとして、支援者の存在が希望であると同時に、被災者という存在もまた希望なのだという内容の詩を最後に読んでくださいました。
d0238083_22114199.png

d0238083_22161171.png


また、この日は福島から淡路島に移住され、IIYO楽園を主宰されている煙山亨さんご夫妻より、2月に開催される《避難》をテーマにしたイベントのお知らせもありました。(内容についてはこちらをクリック!)
d0238083_22122172.png

このあとすぐ、上映会とトークイベントは大阪・十三のシアターセヴン(第七藝術劇場)へ移動。
そちらでもたくさんの観客に迎えられたようです。

さまざまなつながりを大切に、希望をもって、一歩一歩。
あらためてそう感じさせられた2日間でした。
関久雄さん、だるま森+えりこさん、そして今回のイベントにかかわったみなさん、本当にお疲れさまでした!
[PR]
by takocamp | 2015-01-26 22:27 | 保養のひろがり | Comments(0)
ブログでのお知らせが直前になってしまいましたが、関西の保養団体が協力し、下記のイベントをこの週末におこないます。
みなさんお近くの会場にぜひ足をお運びください!
(イベントのチラシと詳しい内容は、たこキャンHPのこちらをクリックしてくださいね)

「—保養がつなぐ大家族— むすんでひらく へっついの家」
上映会とトークイベント~保養から見える福島のいまとあした~


□開催日程
1月24日(土) 13:30~16:00  淡路島洲本市 IIYO楽園 (洲本市海岸通2-4-36 洲本港近く)
          ◆問い合わせ 080-4322-1140  煙山(IIYO楽園・NPO法人テンペラーレ理事長)

1月25日(日) 10:00~12:30  神戸市 須磨の家ふくふく (神戸市須磨区桜木町2-3-37 山陽電車須磨寺駅徒歩5分) ◆問い合わせ  090-9871-1419  小野(たこ焼きキャンプ代表)

1月25日(日) 一回目 13:30~16:00/二回目 16:30~19:00 大阪十三・シアターセヴン(第七藝術劇場)(大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポートシティービル5F 阪急十三駅西改札口より徒歩5分)        ◆問い合わせ 090-1678-0609  木田(福島ハーメルンプロジェクト・ジョイントチーム)

※全日程、前半が映画上映、後半が関さんのトークになります。

□料金  全会場 1000円
□出演  関久雄 (映画制作・詩人)  共演 だるま森(総合工作芸術家)
<関久雄 プロフィール>
岩手県生まれ。1970年、高校卒業後、横浜で昼は港で働き夜は神奈川大学に通い学生運動や労働運動を体験するも、理論とヘルメットで武装して相手を叩くやり方についていけず1977年ヒマラヤニストに転向。1983年、ヒマラヤでの転落がきっかけで無農薬野菜の八百屋を始める。1986年チェルノブイリ原発事故をきっかけに非暴力で原発を止める運動に参加。1994年、病気をきっかけに福島県の二本松に移住。塾経営、社協ボランティアコーディネーターなどを勤めたあとに、2011年、NPO法人りょうぜん里山がっこうの職員になる。3・11の大震災、福島原発事故の後は保養を中心に活動し、「灰の行進」、詩作などを通して「福島のいま」伝え、原発いらない世の中を創る活動に関わり続けている。妻1人、4人の子供の父でもある。

□映画「—保養がつなぐ大家族—むすんで開くへっついの家」
       2013年/ドキュメンタリー/日本/カラー62分
       制作・関久雄/撮影・関根彬

映画チラシより…「へっついの家は、佐渡島の中央にある古民家だ。海も山も川もある佐渡の豊かな自然の中で、福島の子どもたちに思いっきり遊んでもらおうと、大人たちが保養施設に改装し、運営をはじめた。子どもらはここで突然、大家族の一員となる。へっついを訪れる家族らと、それを迎え入れる人々の想い、保養の現場が織りなす時間の向こう側に、未来の暮らしの姿を探して、保養がつなぐ大家族の日々を、カメラは追いかけ、『福島のいま』をうかびあがらせる。」
[PR]
by takocamp | 2015-01-22 14:29 | 保養のひろがり | Comments(0)
2011年以来、全国で生まれた保養プログラムやキャンプの活動。
被災地の子どもたちが放射線の不安のない土地で心身を癒し、各地で人とのつながりを心の糧にして成長してくれるようにと願いながら、多くの人々が活動を続けています。

ここ関西は、特に活発に保養の活動がおこなわれている地域のひとつで、この3年、キャンプ団体同士がさまざまな連携を強めてきました。
そんなつながりから生まれたネットワーク「ほようかんさい」のホームページが、このたびスタートしました。

《ほようかんさいについて》
関西だけでも、少なくとも30団体以上が保養に取り組んでいます。この3年間、経験を分かち合い、知恵を出し合いながら、私たち関西で保養に取り組む団体は横のつながりを丁寧に作ってきました。ほようかんさいは、そうした団体が関西一円での活動を円滑化するため、2014年に発足した緩やかなネットワークです。(ホームページ冒頭より)

関西の多くの保養キャンプがわかりやすく紹介されているとともに、たこ焼きキャンプの写真や、活動の内容も掲載されています。
かわいいキャラクターとともに、ゆったりとした雰囲気の親しみやすいホームページとなっていますので、ぜひご覧ください。
また、みなさんのフェイスブックやツイッター、ホームページやブログ等で広くご紹介いただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

「ほようかんさい」ホームページはこちらをクリックしてください!

[PR]
by takocamp | 2014-07-10 11:44 | 保養のひろがり | Comments(0)
「須磨の家ふくふく」に宿泊し、親子でゆったりと過ごす神戸YWCAの保養プログラム「ひょうごちょっとのぞいてみようツアー」。
3月23日から始まったプログラムも、今日が最終日。
すっかり仲良くなり、楽しい日々を過ごしていた参加者とスタッフが別れを惜しみました。
d0238083_22425126.png


この夏「ふくふく」を利用する予定のたこ焼きキャンプにとっても、今回のお手伝いはとてもいい経験になりました。
今年のたこキャンに行きたい!と言い出してくれた子もいて、お母さんたちともいろいろなお話ができて、本当に貴重な6日間となりました。

神戸YWCAのみなさん、そして「ひょうごちょっとのぞいてみようツアー」に参加した親子のみなさん、本当にありがとうございました!
また、きっとお会いしましょう!
[PR]
by takocamp | 2014-03-28 22:44 | 保養のひろがり | Comments(0)
「須磨の家ふくふく」を拠点におこなわれている、神戸YWCAの保養プログラム「ひょうごちょっとのぞいてみようツアー」。
「ふくふく」にも慣れて、子どもたちはすっかりリラックスモード~
d0238083_2223810.png

d0238083_22275824.png


今日は、みんなでパスタ作りに挑戦!
大家さんのおうちで、にぎやかに小麦粉をこねこね。
d0238083_22283461.png


それぞれが、思い思いのパスタを作りました。
d0238083_22314168.png


出来上がったパスタ、おいしい~
d0238083_22341846.png


そのあとは木を切ってたき火をしたりして楽しみました!
d0238083_22344539.png

d0238083_2235377.png

d0238083_22361815.png



「ひょうごちょっとのぞいてみようツアー」の日程も、あとわずか。
残りの日々も楽しく過ごせますように!
[PR]
by takocamp | 2014-03-27 22:39 | 保養のひろがり | Comments(0)