明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:たこ焼きキャンプ2016( 14 )

6月19日、福島県二本松市の「男女共生センター」にて、今年のたこ焼きキャンプの参加者ミーティングを開催しました!
d0238083_1526271.png


今年のたこ焼きキャンプは、7月28日から8月8日までの12日間、昨年と同じく前半を神戸市、後半を姫路市に宿泊して実施します。
リピーターを中心に参加者を募集し、今年は小1から中3までの22名の子どもたちが参加することになりました。この日は、参加する子どもたちと保護者の初めての顔合わせでもあります。

まず午前中。
子ども有志による、たこキャン恒例の「中だこ会議」(子ども実行委員会)が始まりました。

まずは受付で、自分がキャンプ中に呼んでほしい名前を考えて胸につけます。
初参加組は親子ともにちょっとドキドキ。
d0238083_14582287.png

リピーターの子たちは、スタッフとの再会にニコニコ。
d0238083_14551689.png


中だこ会議には、13名の子どもたちが参加。
子ども担当スタッフ・みーこさんの説明のあとは…
d0238083_1581314.png

d0238083_15324728.png

d0238083_15331726.png


まずは、学生ボランティア・じまこちゃん発案のゲームで雰囲気をほぐします。
d0238083_1592867.png

d0238083_15304631.png

そのあと、キャンプ中にやりたいことについて、前回の中だこ会議の報告「中だこ新聞」を見ながら話し合い。
d0238083_15132024.png

今年のお出かけは、バスで行ける範囲で。
ゲーム機・携帯は持ってこない約束だよ!
d0238083_1515283.png


お昼をはさんで午後の部。
いよいよ参加者ミーティングの始まりです。
ここから来る親子も加わって、全部で20人の子どもたちと、お母さん・お父さん、きょうだい、合わせて50人近くが集まりました。
d0238083_15231421.png


まずはたこ焼きキャンプ代表・マスターからごあいさつ。
d0238083_15251485.png

去年のキャンプの様子を振り返り、今年の持ちものやルールについて事務局から説明をしました。
d0238083_15291050.png


説明会のあとは、親子別室となり、子どもたちはキャンプ中のグループに分かれます。
d0238083_15392868.png

キャンプ期間2回ずつ作る夕食のために、野菜えらびのくじ引きをして…
d0238083_15384650.png

そこからメニューの話し合い。
熱心に考えてますよ!
d0238083_1546793.png



一方、別室では保護者団体「たこ焼きキャンプFUKUSHIMA」の、2015年度総会がおこなわれました。
d0238083_155048.png

d0238083_1552760.png

活動・会計の報告のあと、新しい会長・役員が選出され、新年度の活動計画・予算も承認されて、無事に総会は終了しました。新会長さんからは、思いのこもったごあいさつをいただきました。
「たこ焼きキャンプFUKUSHIMA」も設立2年目に入り、親御さんの間のつながりとともに、少しずつ団体としての形がととのってきたことを実感しています。
d0238083_15544997.png


そのあとは、リピーターと初参加の親御さんが混じるように2つのテーブルに分かれて、キャンプについての質問や気になることなど、ざっくばらんにお話ししていただきました。
d0238083_162635.png

初めての試みでしたが、スタッフが一方的に説明するより、率直なおしゃべりで親睦も深まり、有意義な時間になったように思います。
d0238083_1634977.png


一方、子どもたちは話し合いを重ね(一部脱走した子もいたようですが…?)、ようやくメニューも決まりました。
d0238083_169273.png

d0238083_1694320.png


こちらは、たこキャンOBの中学生と、お姉ちゃんについてきた年長さん。
来年1年生になったら、たこキャンに参加したいな~と思ってるそうです。
今年からOBになったそうたくんは、今回オブザーバー参加。みんなを上手に仕切ってくれて、たのもしい先輩ぶりでした!
d0238083_16144423.png


子どもたち、お疲れさま!
次はいよいよ、キャンプで会おうね!
この日欠席だった2人のたこキャンキッズも、元気で再会を待ってます!
お母さん、お父さんたちも、遠いところを集まっていただき、ほんとうにお疲れさまでした!
d0238083_16172364.jpg



最後に臨時の役員会をおこない、今年の同窓会について話し合いました。
同窓会の世話人をしてくださる役員さんや開催場所の予定など、とんとん拍子に話が進み、今年はお泊り同窓会が復活しそうです! どうぞよろしくお願いします。
d0238083_16233110.png


参加者ミーティングが無事終了し、これからいよいよ来月末のキャンプ開催に向けて走り出します!
今年もたこ焼きキャンプにあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。


***
[PR]
by takocamp | 2016-06-22 16:25 | たこ焼きキャンプ2016 | Comments(0)
5月15日、たこ焼きキャンプの子ども担当向けワークショップを開催しました。

今年のキャンプに参加予定の子ども担当ボランティアさんをはじめ、他の保養キャンプからもスタッフさんが参加。
最初に、たこキャン子ども担当よっしーによる「子どもの自主性を大切にするかかわり」。
d0238083_2211059.png

子どもの立場や考えを尊重し、自主性を大切にしつつどのように関係を作っていくか? よっしーがキャンプやフリースクールの子どもたちとかかわってきた経験の中から考えたことを、わかりやすく話してくれました。
d0238083_2272626.png


続いて、2つに分かれてのグループワーク。
「人とのかかわり」をテーマに、身近な人との事例をそれぞれが上げていき、意見をかわします。

マスターも考える、考える…
d0238083_22104771.png

周囲の人とうまくかかわれた経験、うまくいかなかった経験。そこからいろいろな会話が生まれていきます。
d0238083_22122828.png

2つのグループで話し合われたことをシェア。
d0238083_22171258.png


最後によっしーから、「ボランティアの心得10か条」が紹介されました。
これは、先日の熊本地震の際、早稲田大学のボランティアセンターのHPに掲載されたものです。
こちらをクリックすると読むことができます)
これ自体は災害支援ボランティア対象の心得ですが、たとえば、「子どもと遊ぶときなどは過度に喜ばせようとしない」「できないことははっきり断る」など、保養キャンプで子どもを担当するボランティアにも適用できるような内容が、的確に盛り込まれています。


たこキャンでは初めての試みだった、このワークショップ。
限られた時間でしたが、日頃なかなか人と話さない内容も含め、子どもとのかかわりを考えることを通して、大人自身がそれぞれ自分について考えてみる機会にもなったようです。
今夏もやってくる福島の子どもたちを迎えて、そのひとりひとりの考えや思いを大切にしたいと改めて思いました。
ワークショップに参加してくださったみなさん、お疲れさま&ありがとうございました!
[PR]
by takocamp | 2016-05-18 22:41 | たこ焼きキャンプ2016 | Comments(0)
いよいよ今年も夏のたこ焼きキャンプに向けて、本格的な準備の時期となりました。
5月7日、スタッフ3人で姫路に打ち合わせに行ってきました。

今年もお世話になる姫路・仁豊野の「淳心の家」。
新緑と花々が美しい、広ーいお庭。夏にはたこキャンキッズの歓声が響くはず。
d0238083_13521473.png


仁豊野教会の方たちと今年のキャンプについて初打ち合わせ。
今回もさまざまなご協力をいただけることになり、ほんとうに感謝です。
そのあと、「淳心の家」の管理者であるムシェ神父さんにごあいさつ。施設内に新しくできた室内物干し、新調された洗濯機などを見せていただきました。
d0238083_13551386.png

これはすばらしい!大物も小物も室内で大量に乾かせるようになりそうです。
d0238083_1454563.png


その後、スタッフは仁豊野の奥にある「そうめん滝キャンプ場」へ。
d0238083_147213.png


川あそびもできる素敵な場所です。
d0238083_1484552.png


立派な炊事場も。
できれば今年はここでバーベキューをしたいな~と考えています。
d0238083_1495497.png



まもなく、今年のキャンプの日程などくわしいことをお知らせできる予定です!
今年のたこキャンはどんな日々になるのでしょうか…!?
[PR]
by takocamp | 2016-05-09 14:14 | たこ焼きキャンプ2016 | Comments(0)
4月3日、郡山市内にて今年のキャンプに向けての第1回「中だこ会議」を開催しました!
「中だこ会議」は、たこ焼きキャンプに参加する子どもたちの実行委員会です。
大人は「大だこ」、小さな子は「小だこ」。
その中間の、少し大きな子どもたちの中で、キャンプ前からかかわりたい!と手を挙げた子どもたちが「中だこ」=実行委員となります。

この日、関西から出かけていったスタッフ&ボランティアは4名。
そして福島県内から集まった「中だこ」たちは、9名。
にぎやかな「中だこ会議」がスタートしました!

 今年の夏のキャンプ、どんなことしたい?
 キャンプ中はどんなルールが必要か、話し合おう!
 今年のたこキャンオリジナルTシャツの色も、みんなで決めよう!

さてさて、どんな会議になったのでしょうか。
当日、中だこたちとともに会議を進めていった、子ども担当スタッフのみーこさんの報告とコラージュ写真でお送りします!


d0238083_18332477.jpg

導入ゲームでは、まっさんから技を教えてもらい、その後じまこちゃんからオセロゲームを
教えてもらいました。チーム戦だったのでえらく盛り上がり、たまたま、マスターと私が対戦!
二人とも真剣勝負でやってたら、「おっとなげなーい!」と子どもたちにあきれられました~(笑)
おかげで、楽しく中だこ会議を始めることができました!
d0238083_1830846.jpg



マスターからは、まず、「どうして関西に保養キャンプに行くのか?」を紙芝居風でお話。
放射能のこと、など、子どもたちなりに理解をしているようで、みんな真剣に考えて答えていました。
d0238083_18312112.jpg



その後、あえて、キャンプから頭を切り替えて、イメージトレーニングとして「まほうの質問」
というプログラムを一部だけ実施。
「なんでも叶うとしたら何を叶えたいですか?」という質問をとりあげました。
「空を飛びたい」「未来に行きたい」「東大に行きたい」「世界征服」や、「たこキャンがいつまでも続いてほしい」というものもありました。特別参加してくださった保護者は、「子どもたちがいつまでも笑顔でいて欲しい」とおっしゃってました。
みんなの夢をシェアして笑ったり感心したりした後、いよいよ、キャンプの内容へ入りました。
d0238083_18322230.jpg


以下、決まったことです。

①ルール
・夜9時には静かにして、10時には消灯。
・朝9時までに(食堂が閉まるまでに起きる)
・ゲーム機、スマホは、今年も禁止。音楽プレイヤーのみOK。
・漫画、カードゲームなどは、持ってきてもいい
・部屋割は、男子は現地で適当に。女子は姫路に移動した日に話し合い。
・生活班は、スタッフが決めていい。
・おこづかいは、おうちの人と各自が話し合って決める。

②Tシャツカラーは、<エメラルドグリーン>に<銀色の文字・絵>
(黒に銀色の文字が人気で「銀だこ」イメージ風に格好よくしたかった子も。)

③自然体験
 ◎虫取り、魚釣り、水族園、動物園、草むしり、たきぎひろい、海水浴、川遊び、
  自然の中を走り回る(公園で遊ぶ、早朝散歩、オリエンテーリング、たきぎひろい)
 △トレジャーハント、サバイバルゲーム(自然のものを見つける、ようにするなど工夫が必要)
  サイクリング、星を見る、写生

④やりたいこと(2名以上のもの)
 犬さわりたい、ドッジボール、離宮公園行きたい、デザート作りたい、明石焼き食べたい
 古墳に行きたい、スーパー銭湯、
 電車に乗っておでかけ(特急料金は出しませんと宣言)、
 本屋、カラオケ、ゲーセン、アニメイト、ボーリング
d0238083_18335037.jpg

感想:
男子が多くて、話し合いができるのかな?と若干の不安を持ちつつ、できなかったら、ま、いいや~
と気負わずの姿勢で待ちました。8か月って大きいですねぇ。5時間という長丁場を部屋から一人も
脱出することなく、むしろこどもたちは、どのプログラムも楽しみながら参加し、意見を言えていました。
人数が9人と少なかったこと、じまこちゃんとまっさんもいたことで、報告新聞を作る時も、ヘルプが必要と思われるところに入ってもらったので、スムーズに時間通り終えることができました。(報告:みーこ)




[PR]
by takocamp | 2016-04-10 18:34 | たこ焼きキャンプ2016 | Comments(0)