明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

子ども担当向けワークショップ&須磨ボランティアミーティング

7月2日、神戸市須磨区にて、今年のキャンプの前半・須磨期間のボランティアミーティングをおこないました!

そのレポートの前に、まずはご紹介。
今年のたこ焼きキャンプ・オリジナルTシャツ完成しました!
今年度の新しいリーフレットと、できたての「たこやき通信vol.17」とともにパチリ。
Tシャツのカラー、今年は子どもたちが選んだエメラルドグリーン!
出崎画伯の躍動感ある今年のイラストが映えますね~!
このTシャツを着て、7月28日には福島から子どもたちがやってきます!
d0238083_14595481.png

(オリジナルTシャツは、たこ焼きキャンプHPからも購入申込みをしていただけます。
こちらをクリックしてぜひご覧ください!)

ボランティアミーティングに先立ち、子ども担当スタッフ・ボランティア向けに、「アンガーマネージメント」のワークショップを開催しました。
講師は、たこキャンの子ども担当スタッフ・みーこさんこと追原三重さんです。
たこキャンだけでなく、他の保養キャンプの子ども担当スタッフなど、たくさんの方が参加してくださいました。
d0238083_1502536.png

「アンガーマネージメント」とは、怒りの感情とうまくつきあい、コントロールする方法。
怒りのコントロールといっても、怒ってはいけない、ということではないそうです。
《ムカッときたとき、その怒りをすぐに出さず、6秒待つ》
これが基本のルール。
d0238083_1504956.png

グループワークを通して、それぞれが「~すべき」と考えていることはどんなことか?を考えていきます。
自分と他人の「べき」を客観的に見ることで、「べき」の押しつけ合いではなく、バランスが大切であることがわかってきます。
d0238083_1535593.png

d0238083_1543841.png

みーこさんからは、《怒りの温度計》や、重要性と変えられること・変えられないことを見分ける《4つの部屋》など、いろいろな方法が紹介されました。
d0238083_155436.png

自分の怒りの感情をすぐにぶつけて相手を傷つけたり、あとで後悔するのではなく、無用な怒りを上手にコントロールすること。
大人同士の関係はもちろん、キャンプでの子ども同士の関係を見守るうえでも、とても参考になるワークショップでした。
遠方からもご参加くださったみなさん、ありがとうございました!

****

さて、そのあと4時からは同じ場所で、今年のたこ焼きキャンプの須磨ボランティアミーティングをおこないました。
須磨期間を中心に、たくさんのボランティアさんが集まってくださいました。
マスターからのごあいさつのあとは、今年のキャンプ実施概要、たこキャンのボランティア要項についての説明。
事務局からは、今年参加の子どもたちのうちわけや、キャンプのスケジュールを追いながらボランティアさんが特に必要な部分などもお話ししました。

d0238083_1562310.png

そのあとは、子ども担当と生活担当に分かれて、まずは自己紹介。
毎年来てくださっているベテランボランティアさんも、今年から参加してくださる方も、真剣にスタッフの説明を聞き、打ち合わせをおこないました。
d0238083_1565270.png

こちらは子ども担当ボランティアさん。
初めて参加する学生さんも多く、フレッシュな顔ぶれです。
キャンプのスケジュールの中で、誰がどんなことを担当するか、こまかい部分についても打ち合わせていきました。
d0238083_1571469.png


今年もまた、たくさんのボランティアさんのおかげでキャンプが開催できることを実感した一日でした。
初めて参加された方が、
「たこキャンの立ち上げからずっとお手伝いしたいと思っていたけれど仕事などが忙しく、今回やっと都合をつけることができました」
と笑顔でおっしゃっていたのが印象的でした。
長く見守り、伸べてくださるまなざしと手が、たこ焼きキャンプを支えています。

長時間ボランティアミーティングにご参加いただいたみなさん、お疲れさまでした。
どうぞこれからよろしくお願いいたします!

次回は、この翌日におこなった姫路でのボランティアミーティングの様子をお伝えします。



***
[PR]
by takocamp | 2016-07-04 15:17 | たこ焼きキャンプ2016 | Comments(0)