明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

子ども担当向けワークショップ開催

5月15日、たこ焼きキャンプの子ども担当向けワークショップを開催しました。

今年のキャンプに参加予定の子ども担当ボランティアさんをはじめ、他の保養キャンプからもスタッフさんが参加。
最初に、たこキャン子ども担当よっしーによる「子どもの自主性を大切にするかかわり」。
d0238083_2211059.png

子どもの立場や考えを尊重し、自主性を大切にしつつどのように関係を作っていくか? よっしーがキャンプやフリースクールの子どもたちとかかわってきた経験の中から考えたことを、わかりやすく話してくれました。
d0238083_2272626.png


続いて、2つに分かれてのグループワーク。
「人とのかかわり」をテーマに、身近な人との事例をそれぞれが上げていき、意見をかわします。

マスターも考える、考える…
d0238083_22104771.png

周囲の人とうまくかかわれた経験、うまくいかなかった経験。そこからいろいろな会話が生まれていきます。
d0238083_22122828.png

2つのグループで話し合われたことをシェア。
d0238083_22171258.png


最後によっしーから、「ボランティアの心得10か条」が紹介されました。
これは、先日の熊本地震の際、早稲田大学のボランティアセンターのHPに掲載されたものです。
こちらをクリックすると読むことができます)
これ自体は災害支援ボランティア対象の心得ですが、たとえば、「子どもと遊ぶときなどは過度に喜ばせようとしない」「できないことははっきり断る」など、保養キャンプで子どもを担当するボランティアにも適用できるような内容が、的確に盛り込まれています。


たこキャンでは初めての試みだった、このワークショップ。
限られた時間でしたが、日頃なかなか人と話さない内容も含め、子どもとのかかわりを考えることを通して、大人自身がそれぞれ自分について考えてみる機会にもなったようです。
今夏もやってくる福島の子どもたちを迎えて、そのひとりひとりの考えや思いを大切にしたいと改めて思いました。
ワークショップに参加してくださったみなさん、お疲れさま&ありがとうございました!
[PR]
by takocamp | 2016-05-18 22:41 | たこ焼きキャンプ2016 | Comments(0)