明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

今年の参加者決定しました!/たこ焼きキャンプ公開学習会のお知らせ

たこ焼きキャンプ2013〈今年は姫路も!たこひめキャンプ〉、一般申込みも含めた参加者がこのほど決定しました。
幼稚園児から中学生まで、今年も30人以上の子どもたちが福島県から明石と姫路にやってきます。
ボランティアの募集も始まっています!ぜひみなさんの力を貸してください。
くわしくはたこ焼きキャンプホームページ(ここをクリック)をご覧ください。

いよいよ本格化してきた準備作業。今月はキャンプを前に、下記の企画も予定しています。



◆たこ焼きキャンプ公開学習会のご案内◆

今年の夏休みのキャンプ実施に向けて、また、今後の原発事故被災地の子どもたちの健康を守る取り組みを考えていくために、以下のような学習会を企画しました。
ぜひおいでください。

とき:6月16日(日)
第一部 午前10時~11時30分 
「原発事故被災者•子ども支援法について知ろう」 

場所:明石市生涯学習センター和室  (明石駅下車3分、アスピアあかし内)  078-918-5618

講師:はっとりいくよさん (放射能から子どもを守る全国ネットワーク、関東から岡山への避難者)

第二部 午後1時30分~午後4時 
 「たこキャン3年目にむけて~原発事故被災地の子どもたちと向き合ってきて」 
場所:明石市生涯学習センター学習室2A

対談:はっとりいくよさん&たこキャンマスター(小野)
その後、参加者の思いの分かち合い、今年のたこ焼きキャンプの概要の説明あり。
※ボランティア希望の方、たこ焼きキャンプをご支援くださる方は、ぜひ第二部にご参加ください。

第一部、第二部ともに参加費500円(子どもと避難者は無料)

第一部  「原発事故被災者•子ども支援法について知ろう」について
…昨年の国会で、原発事故被災者と子どもたちのために画期的な救済の法律が超党派、全会一致で成立しました。しかし、この法律による具体的な施策はまだまだこれから決まっていく段階で、現政権から提示された内容も、全く不十分なものでしかありません。保養キャンプについての施策も可能な枠組みが示されていますが、遠隔地の保養への助成などを実現するには、粘り強い働きかけが必要です。
岡山で支援法についての活動をしてきている、はっとりいくよさんにお話いただき、支援法そのものだけでなく、その施策の実現に向けた現状などもお聞きしたいと思います。
保養に取り組んでいる方たちをはじめ、関心を持つ方たちに参加を呼びかけます。

第二部  対談「たこキャン3年目にむけて~原発事故被災地の子どもたちと向き合ってきて」について
ご自身が避難者でもあり、早くから子どもたちの避難や保養について情報を発信し、「311受け入れ全国協議会」の活動にも参加、避難先の岡山で避難者支援の活動などにかかわっている、はっとりいくよさんと、たこキャンマスターこと小野洋が、現在の福島をはじめとした原発事故被災地の親子の置かれた現状や、今後子どもたちのために求められている活動について語り合います。
また、3年目を迎えたたこ焼きキャンプを目の前にして、関わってきたスタッフやボランティアの思いも交流したいと思います。

問い合わせ 小野 090-9871-1419
        ramichubunkou@ybb.ne.jp
[PR]
by takocamp | 2013-06-13 01:45 | たこ焼きキャンプ2013 | Comments(0)