明石であそぼう! たこ焼きキャンプ takocamp.exblog.jp

 「福島の子どもを招きたい! 明石プロジェクト」が主催する「たこ焼きキャンプ」のブログ


by takocamp
プロフィールを見る
画像一覧

キャンプを終えて Tシャツ担当スタッフからのメッセージ

                             明石であそぼう!たこ焼きキャンプHPはこちら

キャンプを終えて、
今日はTシャツ販売担当スタッフからのメッセージです!

***
Tシャツ販売(兼・IT)担当スタッフ・清水大介


皆さん本当にお疲れ様でした。

7月1日に小さな会社を登記したばかりの僕らにとってタコキャンプは『ボランティアとかしてる場合か!?』っと自らにツッコミを入れながらの葛藤の日々でした。

ですが振り返ってみれば、自分も含めて「好き勝手なことを言う大人達(学生スタッフ末安君のツイッターより抜粋)」とキャンプを作り上げて行く過程はとても刺激的で、イレギュラーな発言や多様性が許される空気は居心地が良く、本当に良い経験をさせて貰いました!

「赤字が出たら自腹」という若手芸人の企画の様なノリとなったTシャツ販売は、140cmサイズを残して無事完売となり、先日小野さんより製作原価の立替分を返金して頂きました。

この場をお借りしてTシャツをお買い上げくださった方々、優秀な販売員KIDS,学生ボランティアの皆さん、メール受付・在庫管理を申し出てくれた中西真理さん、FAX受付・発送作業をして頂いたほのぼの作業所の皆さん、安田さん、Tシャツ販売を申し出てくれた中西レオ市議、デザインを作ってくれた小林君、本当にありがとうございました!
売上利益はすべてタコキャンプ会計に計上されています。

売れ残りは東電にでも送りつけて買って頂こうかと思いますψ(`∇´)ψ

あっという間の2ヵ月でしたが、今後は仕事に専念して『まずは自分の食い扶持をまずどないかせんといかん!』
っと思う反面、メーリングリストにまた突拍子もなく新しい企画が上がって来るのを期待していたりします♪( ´θ`)ノ

今後はどんな関わり方になるかは解りませんが、Tシャツの「WITH FUKUSHIMA KIDS」のロゴにもあります様に、これからも「福島と共にある」という気持ちだけは忘れずに日々邁進して行こうと思います。

皆さん、本当にありがとうございました!

d0238083_23562398.jpg
たこキャンTシャツで勢ぞろいした子どもたち。

d0238083_23563992.jpg
売り場を見守っていた清水Tシャツ販売部長。


***
Tシャツ販売(兼・子ども担当)スタッフ 中西真理

こんにちは、Tシャツ受け付けとこども担当の中西真理 です。
小学二年生のまさしと一緒に3日間だけでしたが活動させていただきました。

たこ焼きキャンプのHPに、Tシャツができるまでのストーリーと、「私達は福島と共にある」、関西で、日本全国で、世界中で「私たちは福島の子どもたちのことを忘れない」という思いを「WITH FUKUSHIMA KIDS」のロゴに込めたというメッセージが書かれています。

メールでの受け付けでは、横浜、大阪、福島など色々な所から注文をいただきました。Tシャツを購入して頂いたり、募金をして頂いたり、ボランティアの方達など、このキャンプに関わった全ての方々の、福島を何とか助けたいと言う思いが一つになり、実現したこのキャンプ。

知らない人同士が、誰かに来なさいと言われて来たのではなくて、みんな福島の事を思って来たい気持ちから集まった人達。そして子供達と出会えました。 この繋がりに希望と、未来を感じます。

子ども担当として振り返ると、本当にみんな素敵な子供達ばかりで、福島弁の可愛い事といったら…中学生も居たので嫌がられるかもしれませんが、み~んな抱きしめたかったです。

そして夏祭りには、三人の可愛い子ども販売員さんが大人顔負けのセールスでほとんどTシャツを売ってしまいました!さすが、福島パワー!大阪の商人もびっくりです。

d0238083_072919.jpg


まさしもりっち君ととても気が合った様で、ずっとチャンバラをしていました。帰りの別れ際には「また、大きくなったら戦いしよな!」とりっち。まさしも「おー!しよな!」と言ってバイバイしました。
まさしもみんなの事、心配しています。

d0238083_08164.jpg


実現できるかわかりませんが、毎年、たこ焼きキャンプがあって、毎年みんなの成長をお互い喜びあって、離れていても思い合えて、支え合えていければ良いなと心から思います。

それから、おばあちゃん(Sさん)のお人柄がにじみ出ていた福島の盆踊りが忘れられません。あの歌詞が最高でした!

たこ焼きキャンプの為にある歌詞?と思うくらいぴったりの盆踊りでした。

Sさん、教えて頂いて本当にありがとうございました!

d0238083_0111147.jpg

d0238083_0143860.jpg
d0238083_0151917.jpg


Sさんの笑顔、前向きな言葉に私自身とても勇気付けられ、お母さん方の子供達を思う姿に福島魂を見た気がします。

放射能に立ち向かって行く事はできないけれど、良い方向へ向かう様に思う事と免疫力を上げる事で盾になるんじゃ無いかと思います。

明石と福島、世界が繋がるお天道様を見上げて、みんなの思いが一つになってる。
みんな、一人じゃないよね。

このキャンプの言い出しっぺの小野さんはじめ、たこ焼きキャンプに関わった全ての皆さん、子供達と出会えた事に、心から感謝いたします。 o(^▽^)o
[PR]
by takocamp | 2011-08-24 00:17 | たこ焼きキャンプ2011 | Comments(0)